アスリート

山崎早紀の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

2021年東京オリンピック女子ソフトボール代表で金メダルを獲得した山崎早紀選手。

2021年日本リーグで首位に立つトヨタ自動車の4番としてチームをけん引。

宇津木麗華代表監督も「アメリカの左投手を打ち崩すために召集した」と語るほど、左投手に対して勝負強い選手です。

そんな山崎選手ですが、東京オリンピックの代表に選出されるまでにはさまざまな苦悩や葛藤があったようです。

そんな山崎選手の

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために

今回は山崎早紀の幼少期からの生い立ちや経歴や家族情報について
まとめてみました。

山崎早紀の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、水谷隼選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような人生を送ってきたのか確認してみましょう。

山崎早紀の幼少期

静岡県掛川市で生まれた山崎選手。

そんな山崎選手は、もともと両親がソフトボールをやっていて、姉もソフトボールを始めたため、一緒に練習しているうちに自然と始める流れになったそうです。

山崎早紀の小学生~中学時代

山崎選手は、西郷小学校 2年生のときに本格的にソフトボールをはじめました。

そして、8歳からは地元の強豪ソフトボールクラブ「掛川桔梗女子ソフト」に所属し、ソフトボールの技術を磨いていきました。

掛川市立北中学校に進学してからも、姉とは励まし合いながらソフトボールを続けていたそうです。

スポンサーリンク

山崎早紀の高校時代~東京オリンピックの代表選手に選ばれるまで

山崎選手は静岡にある常葉大学附属菊川高等学校に進学しました。

常葉大学附属菊川高等学校は、甲子園の常連校であり、ソフトボール部の活動も盛んに行われていることで有名です。

高校時代も姉と励まし合いながらトレーニングに励んでいたそうです。

そして、高校卒業後はトヨタ自動車に入社します。

当初は大学への進学を考えていたものの、「トヨタ自動車」から声がかかり、高校の先輩出会った渥美万奈選手が所属していたこともあって入社を決めたそうです。

しかし、入社してすぐは試合にもあまり出ることができず苦しい時期を過ごしたそうです。

2016年に初めて日本代表選手に選出されたときも、代打の切り札として大きな期待をされましたが、うまく結果が残せず悔しさを味わいました。

また、そんな時はいつも電話でよくお姉さんに悩みを打ち明け、話を聞いてもらったそうです。

近くに自分のことをわかってくれる家族がいるのは本当に心強いですよね。

そして、2016年には日本リーグでベストナインを受賞し、世界選手権銀メダルメンバーにもなりました。

しかし、またもや不幸が山崎選手に降りかかります。

2017年は2016年の結果の不振があり、世界選手権への出場ができませんでした。

さらに、2017年には死球によって左手首を骨折するという怪我も負ってしまいます。

これだけ不幸が重なると気が落ちてしまいますが、山崎選手は折れませんでした。

なんと、2018年には日本代表選手として復活し、世界選手権に出場して銀メダルのメンバーとなったのです。

また、日本リーグ打点王になるという輝かしい成績も残したので、トヨタ自動車の4番打者で固定されるようになりました。

ぜひ、東京オリンピックでも悔いの残らない戦いをしてほしいですね。

山崎早紀の現在

これまでもさまざまな怪我や成績の伸びに悩まされてきた山崎選手。

東京オリンピックでは、女子ソフトボールへの出場が内定しています。

これまでさまざまな困難が山崎選手を襲いましたが、2021年の東京オリンピックでは見事に金メダルを獲得しました。

さらなる飛躍が見られることを期待しましょう!

スポンサーリンク

山崎早紀の家族構成や実家の情報

ここで、山崎早紀選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

山崎早紀の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

山崎選手は4人家族だそうです。

家族構成としては、

・父:山崎明さん
・母:山崎真理子さん
・姉:山崎奈美佳さん
・妹:山崎早紀選手
・弟:山崎?さん

ちなみに、山崎選手の両親は共にソフトボール経験者であり、姉の奈美佳さんは2018年の世界選手権にも激励にきてくれるなど山崎早紀選手のよき相談相手です。

そして、奈美佳さんは大学卒業後の2013年に日本リーグ2部の静甲に入社して、2018年に現役を引退し、2019年から母校の松本大学でコーチをしています。

家族がソフトボール経験者ということで衝突をすることもあったと思いますが、経験者だからこそ分かり合える瞬間やサポートに努めていたそうです。

こうした家族のサポートも、山崎選手の強さの秘密かもしれませんね。

山崎早紀選手のプロフィールと戦績

名前 山崎早紀(やまざき・さき)
生年月日 1991年11月12日
身長 170cm
体重 66kg
出身地 静岡県掛川市
出身校 常葉大学附属菊川高等学校
所属 トヨタ自動車レッドテリアーズ
主なタイトル
(2018年以降)
第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会 銀メダル(2018年)
第53回日本女子ソフトボール1部リーグ最高殊勲選手賞(MVP)・首位打者賞・打点王・ベストナイン賞受賞(2020年)

山崎早紀のプレースタイルや世間の声

山崎早紀選手は成績もさることながらプレイスタイルも人気なようで

山崎早紀選手の打撃には是非注目してみてください。

スポンサーリンク



まとめ

今回は、山崎早紀の幼少期からの生い立ちや経歴、家族構成についてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと。

・ソフトボールを始めたのはソフトボール経験者の両親のと姉の影響

・高校まで姉と励まし合いながらソフトボールを続けてきた

・2018年の世界選手権に出場して銀メダルを獲得

・家族構成は姉1人弟1人の5人家族

幼いころからソフトボール選手として活躍している山崎早紀選手ですが、怪我や思うようにいかない日々などさまざまな試練にも立ち向かってきました。

こうした折れない心や家族の支えもまた世界一の秘訣かもしれませんね。

今夏の東京オリンピックがより楽しみになりそうな予感で、今後の山崎選手の活躍にもぜひ注目してください。

それでは、ご覧いただきありがとうございました。