アスリート

古賀紗理那の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

東京オリンピック女子バレー日本代表でNECレッドロケッツ所属の古賀紗理那選手。

日本代表のエースであり攻撃の要を担い、容姿のかわいさも相まって、人気の高い選手です。

そんな古賀紗理那選手の、

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために、

今回は古賀紗理那の幼少期からの生い立ちや経歴、家族構成・両親の情報についてまとめてみました。

古賀紗理那の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、古賀紗理那選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような歩みを描いてきたのか確認してみましょう。

古賀紗理那の幼少期・小学生時代

佐賀県神埼郡生まれのの古賀紗理那選手。

生まれは佐賀県ですが、6歳の時に父の転勤のため熊本県に引越したこともあり、NECレッドロケッツの公式サイトでも出身地は熊本県となっています。

バレーボールを始めたのは小学2年生の頃。

ママさんバレーをしていた母・博枝(ひろえ)さんの影響でバレーボールを始めました.

始めた当時は地元のバレーボール教室でバレーをしていたそうですが、地元の大会に出場した時に、「大津ジュニア」という強豪チームと対戦し完封負けを喫してしまいます。

その敗戦をきっかけに、より強くなりたいという意志を持ち、「大津ジュニア」へと移籍します。

週6日練習という厳しい指導の下、小学5、6年生の頃に全日本バレーボール小学生大会へ出場。

小学校卒業時には身長が166cmもあったそうです。

古賀紗理那の中学時代

中学校は大津町立大津中学校出身。

中学3年生時の全日本中学校バレーボール選手権大会全国大会で3位に入り、優秀選手にも選出。

さらにJOCジュニアオリンピックカップではオリンピック有望選手にも選出されました。

このオリンピック有望選手に選出もあり、全国の高校からオファーが殺到したそうです。

数あるオファーの中で、「姉と一緒にバレーがしたい」という理由から、姉・麗那(れいな)さんが通うバレーの強豪校・熊本信愛女学院高校へと進学します。

また、中学卒業時には身長が180cmまで伸びていたそうです。

スポンサーリンク

古賀紗理那の高校時代

高校進学後の2012年10月のアジアユース選手権に出場。

大会MVPとベストスコアラー(最多得点)を獲得するなど日本の優勝に大きく貢献。

その他にも高校時代には、

・春高バレーでベスト4

・インターハイで準優勝(ベスト6・優秀選手賞獲得)

・全日本女子メンバーに選出

など、多くの実績をあげています。

とくに2013年10月に行われた第1回世界U23女子バレーボール選手権では日本の銅メダル獲得に貢献。

若干17歳ながら、23歳以下の日本代表に選出されたこともすごいですが、オールスターチーム(アウトサイドヒッター部門)のメンバーにも選出されています。

2014年には東京オリンピックの強化指定選手に指定されるなど高校時代からかなりの注目度だったようです。

古賀紗理那の現在

高校卒業後、バレーボールのセミプロリーグ、Vリーグ8チームによる争奪戦が繰り広げられた末、NECレッドロケッツに入団。

入団1年目にいきなりチーム10年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献。

しかし2016年のリオデジャネイロオリンピックでは落選し、本人も落胆していたそうですが、憧れの存在でもある木村沙織さんに、

「ここで埋もれる存在じゃないよ」

と、声をかけられ奮起。

2021年東京オリンピックに選出され、ついにオリンピックへの舞台へ降り立ちます。

スポンサーリンク

古賀紗理那の家族構成や実家の情報

ここで、古賀紗理那選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

古賀紗理那の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

古賀紗理那選手は姉1人の4人家族だそうです。

家族構成としては、

・父:裕正(ひろまさ)さん
・母:博枝(ひろえ)さん
・姉:麗那(れいな)さん
・古賀紗理那選手

父の裕正さんはバレー経験はなく小、中学校は野球をされていたそうです。

母の博枝さんは古賀紗理那選手がバレーを始めたきっかけにもなり、小、中学校さらにはママさんバレーをされていたそうです。

姉の麗那さんは、紗理那選手と同じく熊本信愛女学院高校に在学。

お姉さんもレギュラーとして活躍し、1年間一緒にプレーをしています。

また、2人が一緒にプレーした年の春高バレーではベスト4に輝いています。

古賀紗理那のプロフィールと戦績

名前 古賀 紗理那(こが・さりな)
生年月日 1996年5月21日
身長 187cm
体重 86kg
出身地 熊本県(出生地:佐賀県神埼郡)
経歴 大津町立大津中学校-熊本信愛女学院高校-NECレッドロケッツ
憧れの選手 木村沙織
主な獲得タイトル アジアユース選手権(2012):MVP、ベストスコアラー

高校総体(2013):ベスト6・優秀選手

世界U23女子バレーボール選手権(2013):オールスターチーム(アウトサイドヒッター部門)

Vプレミアリーグ(2016):最優秀新人賞

古賀紗理那のプレースタイルや世間の声

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「古賀紗理那の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も」についてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと、

・バレーを始めたきっかけは母の影響

・出生地は佐賀県神埼郡で、父の転勤の影響で熊本県へ引越し

・熊本信愛女学院高校時代は姉と共にプレー

それでは、ご覧いただきありがとうございました。