アスリート

内藤実穂の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

2021年東京オリンピック女子ソフトボール代表で金メダルを獲得した内藤実穂選手。

初の日本代表入りで20歳の誕生日の時には代打で満塁ホームランを放つなど勝負強さが光る巧打者として注目される選手です。

そんな女子ソフトボール界のスター候補内藤選手ですが、オリンピックの代表に選出されるまでにはさまざまな苦悩や葛藤があったようです。

そんな内藤選手の

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために

今回は内藤実穂の幼少期からの生い立ちや経歴や家族情報について
まとめてみました。

内藤実穂の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、内藤実穂選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような人生を送ってきたのか確認してみましょう。

内藤実穂の幼少期

大阪府で生まれた内藤選手。

そんな内藤選手は、幼いころからここ一番の勝負強さを持っていたそうです。

内藤実穂の小学生~中学時代

内藤選手は、小学1年生のときに友達に誘われたことをきっかけにソフトボールをはじめました。

そして、内藤選手は岸和田市立岸城中学校に入学します。

中学時代には、全国中学校ソフトボール大会で2年連続3位という素晴らしい結果を治めます。

スポンサーリンク

内藤実穂の高校時代~東京オリンピックの代表選手に選ばれるまで

内藤選手は佐賀県にある佐賀女子短期大学付属佐賀女子高校に進学しました。

佐賀女子短期大学付属佐賀女子高校はソフトボール界ではとても有名な強豪校です。

また、佐賀女子短期大学付属佐賀女子高校には衛生看護科やトータルビューティー科、食物科などさまざまなコースがあります。

ちなみに、内藤選手は調理師免許を持っているそうです。

そして、2010年と2011年のインターハイでは準優勝という結果を残しました。

高校卒業後はルネサスエレクトロニクス高崎(現ビックカメラ高崎)に入団した内藤選手。

さらに、2013年にはジュニア代表に選出され、第10回世界女子ジュニアソフトボール選手権に出場して優勝を治めます。
2018年には世界女子ソフトボール選手権で準優勝という結果を治めます。

さらに、アジア競技大会でも優勝を果たしました。

さまざまな大会で素晴らしい成績を残している内藤選手。

ぜひ、東京オリンピックでも悔いの残らない戦いをしてほしいですね。

内藤実穂の現在

2018年の世界選手権では銀メダルを獲得しています。

これまでもさまざまな困難に悩まされてきた内藤選手。

その困難を乗り越えてチームで掴んだ東京オリンピックの金メダル獲得で、さらなる今後の飛躍に期待しましょう!

スポンサーリンク

内藤実穂の家族構成や実家の情報

ここで、内藤実穂選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

内藤実穂の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

内藤選手は4人家族だそうです。

家族構成としては、

・父:内藤?さん
・母:内藤?さん
・姉:内藤実穂選手
・妹:内藤さん

内藤選手が大阪府出身なのでご両親は大阪在住ですが、群馬の高崎までソフトボールの試合の応援に駆け付けることもあるそうです。

また、内藤選手は尊敬する人を「両親」と答えているくらい仲がいいそうです。

こうした家族のサポートも、内藤選手の強さの秘密かもしれませんね。

内藤実穂選手のプロフィールと戦績

趣味:ギター

名前 内藤実穂(ないとう・みのり)
生年月日 1994年4月46日
身長 162cm
体重 67kg
出身地 大阪府
出身校 佐賀女子短期大付属佐賀女子高校
所属 ビックカメラ高崎
主なタイトル
(2019年以降)
世界選手権 銀メダル(2018年)
アジア大会 金メダル(2018年)

内藤実穂のプレースタイルや世間の声

内藤実穂選手は成績もさることながらプレイスタイルも人気なようで

スポンサーリンク




まとめ

今回は、内藤実穂の幼少期からの生い立ちや経歴、家族構成についてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと。

・ソフトボールを始めたのは友達に誘われたから

・2010年と2011年のインターハイでは準優勝

・2018年世界女子ソフトボール選手権で準優勝

・家族構成は妹1人の4人家族

高校生のころから日本代表として活躍している内藤選手ですが、さまざまな試練にも立ち向かってきました。

こうした折れない心や家族の支えもまた世界一の秘訣かもしれませんね。

それでは、ご覧いただきありがとうございました。