アスリート

山田恵里の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

2021年東京オリンピック女子ソフトボール代表で金メダルを獲得した山田恵里選手。

ソフトボール界のイチローとも称され、ネットでも「女イチロー」と呼ばれる卓越したバッティングセンスを持つソフトボール界のレジェンドの一人です。

そんな山田選手の、

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために

今回は山田恵里の幼少期からの生い立ちや経歴や家族情報について
まとめてみました。

山田恵里の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、山田恵里選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような人生を送ってきたのか確認してみましょう。

山田恵里の幼少期

神奈川県藤沢市で生まれた山田選手。

2人の兄が野球経験者であったことから、幼いころより野球に興味を持っていたそうです。

山田恵里の小学生~中学時代

山田選手は、兄が野球経験者であったため、小学校に入学すると軟式野球をはじめました。

その後、神奈川県藤沢市立御所見中学校に入学すると、男子の野球に所属します。

そして、なんと中学校3年生のときには不動の1番バッターとして活躍していたそうです。

男子の野球部で不動の1番バッターとして活躍しているのはすごいですね。

スポンサーリンク

山田恵里の高校時代~東京オリンピックの代表選手に選ばれるまで

山田選手は神奈川県立厚木商業高等学校に進学しました。

そして、女子は甲子園に出場でいないことを知り、高校からはソフトボールをはじめたそうです。

2000年と2001年のインターハイでは2年連続で優勝を治めます。

高校卒業後は株式会社日立製作所の日立ソフトボール部に所属して日々練習に励んでいました。

高校を卒業してからも山田選手の勢いは止まりません。

所属した年の日本リーグで本塁打王、打点王、ベストナイン、新人賞とさまざまな賞を獲得しました。

また、2003年には日本代表でジャパンカップ優秀選手賞を獲得し、日本リーグでもベストナインに選ばれるという快挙を成し遂げています。

さらに、2004年にはアテネオリンピック女子ソフトボール日本代表に選出され、チームの銅メダルに貢献しました。

そして、2008年には北京オリンピック女子ソフトボール日本代表に選出されます。

このときは主将も務め、金メダルを獲得しています。

ぜひ、東京オリンピックでも悔いの残らない戦いをしてほしいですね。

山田恵里の現在

現在、山田選手はデンソーブライトペガサスに所属しています。

これまでもさまざまな怪我に悩まされてきた山田選手。

東京オリンピックでは、日本女子ソフトボールへの出場が内定しています。

これまでさまざまな困難が山田選手を襲いましたが、2021年の東京オリンピックでは見事に金メダルを獲得しました。

さらなる飛躍見られることを期待しましょう!

スポンサーリンク

山田恵里の家族構成や実家の情報

ここで、山田恵里選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

山田恵里の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

山田選手は4人家族だそうです。

家族構成としては、

・父:山田良彦さん
・母:山田文子さん
・兄:山田?さん
・妹:山田恵里選手

ちなみに、山田選手の父・良彦さんは元競輪の選手、母・文子さんは元陸上の選手だったそうで、スポーツ一家だったのですね。

スポーツ経験者である家族だからこそできるサポートをしているそうです。

こうした家族のサポートも、山田選手の強さの秘密かもしれませんね。

山田恵里選手のプロフィールと戦績

 

名前 山田恵里(やまだ・えり)
生年月日 1984年3月8日
身長 165cm
体重 59kg
出身地 神奈川県藤沢市
出身校 神奈川県立厚木商業高等学校
所属 デンソーブライトペガサス
主なタイトル
(2016年以降)
世界選手権(カナダ)銀メダル (2016年)
世界選手権(日本)銀メダル (2018年)

山田恵里のプレースタイルや世間の声

山田恵里選手は成績もさることながらプレイスタイルも人気なようで、

スポンサーリンク




まとめ

今回は、山田恵里の幼少期からの生い立ちや経歴、家族構成についてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと。

・兄の影響で幼いころから野球を始めた

・15歳のときにソフトボールを始める

・北京オリンピック女子ソフトボールで金メダル

・家族構成は兄1人の4人家族

高校生のころから日本代表として活躍している山田恵里選手ですが、これまでにはさまざまな試練に立ち向かってきました。

こうした折れない心や家族の支えもまた世界一の秘訣かもしれませんね。

それでは、ご覧いただきありがとうございました。