アスリート

池原綾香の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

沖縄県浦添市出身の池原綾香選手。

東京五輪の代表選手としても選出されており、「空飛ぶ織姫」と称される日本のハンドボール界を牽引する存在です。

そんな次世代のハンドボール界のスター池原綾香選手ですが、

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために、

今回は池原綾香の幼少期からの生い立ちや経歴や家族情報についてまとめてみました。

池原綾香の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、池原綾香選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような歩みを描いてきたのか確認してみましょう。

池原綾香の幼少期


池原綾香選手の出身は沖縄県浦添市です。
浦添市はハンドボール選手を8名も輩出しており、東京五輪の男子代表の東江雄斗選手も同じ出身です。

池原選手がハンドボールに触れるようになったのは11歳からからだそうです。
きっかけなどの情報はなかったものの小さいころの池原選手は泣き虫で何かあれば泣いてしまっていたそうです。
現在はとてもハツラツとした印象のある池原選手ですが、小さいころは大人しい選手だったようです。

池原綾香の小学生〜中学時代

浦添市立牧港小学校に通っていたようです。
小学校高学年の11歳ごろからハンドボールを始めた池原選手、大きな実績はないもの地道に練習に励んでいました。
その後、池原選手は
地元の浦添市立港川中学校に進学しました。

池原選手は中学校も地元の学校に通っていました。
中学生になった池原選手はメキメキと力をつけていきます。
中学校時代も大きな実績はなかったものと思われます。

高校は沖縄県にある沖縄県立那覇西高等学校へ進学します。

スポンサーリンク

池原綾香の高校時代〜日本代表になるまで

高校は沖縄県立那覇西高等学校へ進学しています。
浦添市出身のハンドボール選手は8人いますが、那覇西高校か興南高校出身です。
東京五輪男子代表の東江雄斗選手は興南高校出身ですね。
どちらも沖縄県内ではハンドボールの強豪校であり、那覇西高校は池原選手が在籍していたときにも県内で上位に位置していました。

高校を卒業した池原選手は日本体育大学へ進学します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

幕張の風人(@aoisyunpapa)がシェアした投稿

日本体育大学進学後もハンドボールの練習に打ち込んだ池原選手。
2010年に行われた第17回女子ジュニア世界選手権の日本代表に選出されます。

2013年の大学卒業後からはホンダカーズで働きつつ「三重バイオレットアイリス」で選手として活動します。
同年から日本代表選手にも選ばれており、海外移籍する2017年までは国内の数多くの試合で活躍しています。

身長157㎝で日本国内においても小柄な体格に池原選手ですが、2016年8月の第6回社会人選手権でベストセブンに選出2016-17年のシーズンではリーグ6位の67得点などの大活躍をしています。

家族の支えもあり、小学校時代からハンドボールに触れてきた池原選手は多くの大会で活躍する選手へと成長しました。

スポンサーリンク



池原綾香の現在


現在、池原選手は「オーデンセ」というデンマークにあるチームに所属しています。

東京五輪を見据え自身のレベルアップを図るため海外での活動を選択した池原選手。

2017年の途中からは日本を離れデンマークのハンドボールチーム「ニュークビン・ファルスター」に移籍し東京五輪に向けてスキルを磨いていました。

2019年1月末に試合中に膝を怪我してしまいます。

長期間のリハビリ後に現役復帰を果たし、2020年からは現在のチーム「オーデンセ」に移籍しプレーしています。

東京五輪では海外で鍛えた池原選手のプレーが見られることでしょう。

大怪我を乗り越え迎える東京五輪
池原綾香選手は2019年の1月末のHolestebro戦で膝を負傷してしまいます。

池原選手のブログには試合やプライベートでの出来事なども綴られていました。

前十字靭帯断裂、半月板損傷という大怪我をしましたが、チームスタッフ・家族・ファンなどの多くの方の支えられました。

日本に帰国して半年以上の期間をリハビリに専念し、現役復帰しました。

多くの人に支えられながら成長してきた池原選手、2021年の東京オリンピックでも大きな活躍を見れることでしょう。

さらなる飛躍が今年の夏に見られることを期待しましょう!

池原綾香の家族構成や実家の情報

ここで、池原綾香選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

池原綾香の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

池原選手は妹が1人の4人家族だそうです。

家族構成としては、

・父:池原興信さん
・母:池原清美さ
・姉:池原綾香選手
・妹:池原亜美さん

(引用:New season Start! | ✳︎My Enjoooy life✳︎ (amebaownd.com))

家族全員で池原選手の試合を観戦・応援するほど仲良しなようです。
母の清美さんは涙脆いようで密着取材の際には膝の怪我のときを思い出し涙する様子が映されていました。(参考:RBC NEWS「泣き虫だった少女が五輪をつかむまで ハンド池原綾香」2021/07/16 – YouTube)
幼いころの池原選手は泣き虫だったそうで母親譲りだそう。
池原選手が膝の怪我をした際には家族に大きく支えられたということがブログに綴られていました。

家族から多くのサポートを受けていたことでしょう。
こうした家族のサポートも、池原選手の強さの秘密かもしれませんね。

池原綾香のプロフィールと戦績

名前 池原綾香(いけはら・あやか)
生年月日 平成2(1990)年9月24日
身長 157cm
体重 53kg
出身地 沖縄県
出身校 日本体育大学(東京都)
所属 オーデンセ(デンマーク)
ハンドボール歴 11歳~
苦手な食べ物 ナッツ類
休みの日の過ごし方 サイクリング・カフェ
主な実績

(2015年以降)

日本ハンドボールリーグ ベストセブン賞 (2015-2016)

第6回社会人選手権 ベストセブン賞(2016)

シーズンリーグ6位&67得点記録(2016-2017)

シーズンリーグ オールスター選出(2017-2018)

池原選手の一番の思い出に残る大会は、2017年の世界選手権だろう。
シュート成功率は通常60%ほどですが、池原選手は「シュート成功率81%」を記録し「チーム最大29得点」という驚異のパフォーマンスを発揮しています。

池原選手にとっては海外移籍前に自身の力を再確認することができ移籍に自信を持てた思い出に残る大会となっているでしょう。

池原綾香のプレースタイルや世間の声

成績もさることながら、プレースタイルもかなり人気なようで、

SNS上では池原選手への多くの応援コメントが見られました。

池原選手の試合を見るときに見てほしいポイントとしては、

凄まじい跳躍力と安定感

です。

女子ハンドボール界では小柄な池原選手は人並み外れた跳躍力を有しています。
ゴールラインから6m離れたところにラインが引かれており、そのラインの内側には踏み込めません。なので、そこから飛びながらゴールを狙います。
池原選手は圧倒的な跳躍力で他の選手よりも長い滞空時間を生み出しています。跳躍中にはキーパーの動きを予測しシュートを放ちます。
空中でのボディコントロールにも優れていて「空飛ぶ織姫」とも呼ばれています。

東京オリンピックではそうした演技にも注目しましょう!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「池原綾香の幼少期からの生い立ちや経歴、家族構成についてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと、

・ハンドボールを始めたのは11歳の頃。

・高校生までは地元沖縄で練習に励んでいた。

・海外移籍後の大きな怪我も乗り越えて日本を代表する選手となった。

・家族構成は妹1人の4人家族。

幼いころからハンドボールに夢中だった池原選手ですが、大きな怪我にも見舞われました。

それでも諦めることなくリハビリをし現役復帰しました。
こうした折れない心もまた世界で活躍する実力に繋がっているのかもしれませんね!

今夏の東京オリンピックがより楽しみになりそうな予感で、今後の池原選手の活躍にも是非注目してください!

それでは、ご覧いただきありがとうございました。