アスリート

田中希実の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

兵庫県小野市育ヶ丘町出身の田中希実選手。

東京五輪の代表選手としても選出されており、日本の陸上界に新たな風を巻き起こす存在です。

そんな陸上界のスター田中希実選手ですが、

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために、

今回は田中希実の幼少期からの生い立ちや経歴や家族情報についてまとめてみました。

田中希実の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、田中希実選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような歩みを描いてきたのか確認してみましょう。

田中希実の幼少期

 

この投稿をInstagramで見る

 

eo光チャンネル(@eohikari_ch)がシェアした投稿

田中希実選手の出身は兵庫県です。

田中選手が陸上競技にに触れるようになったのは小学生低学年の幼い頃でした。
ですが、本格的に競技に取り組んだのは中学生からです。

田中希実の小学生〜中学時代

小学校は小野市立市場小学校です。

小学生の田中選手は陸上競技は初めておらず、父親や母親の大会について行ったり、ランニングイベントや練習会でランナーのサポートなどを楽しんでいたようです。
当時の田中選手は本が好きで本に出てくる外国のマラソン大会に父親が参加していることを知り、自身も色々な国の大会に参加してみたいという気持ちを強く持っていたようです。
小学校6年生の時に父親の大会に同行し、2kmと4kmがあるキッズの部に参加しました。
田中選手は初めて走る海外大会のキッズの部で優勝してしまいます。
そこから田中選手は走る楽しさにどんどんはまっていきました。

その後、田中選手は
兵庫県にある小野市立小野南中学校に進学しました。

田中選手が陸上競技を本格的に始めたのは中学生になってからです。
この頃から現在に至るまで父親がコーチをしています。
短距離走のスピードは平均よりも遅かった田中選手ですが、距離が伸びても全速力に近いスピードで走ることが出来るということにコーチである父親が気付いたことから中長距離種目の練習を始めていきます。

親子二人三脚での練習の成果が出始めたのは中学校2年生頃からです。
中学2年生の時に全日本中学校陸上の1500mで4位入賞、翌年には1500mで4分25秒の記録で優勝します。

高校は兵庫県にある駅伝の名門校西脇工業高等学校へ進学します。

スポンサーリンク

田中希実の高校時代〜日本一になるまで

中学校時代と変わらず父親がコーチをして練習に励みました。
高校生になった田中選手は更に多くの実績を残しています。

第70回国民体育大会の少年B1500mで優勝、2018年の全国女子駅伝では1区を担当し、兵庫県優勝に大きく貢献しました。

田中選手は全国に名を轟かせる選手へと成長しました。

進学後も陸上競技に打ち込んだ田中選手はより多くの大会で活躍する選手へと成長します。
大学生になった田中選手ですが大学の部活には所属していません。

田中選手は豊田織機TCに所属していて、中学・高校時代と同じように父親がコーチを務めて練習に励んでいます。

大学進学後の活躍も凄まじく、大学1年の2018年にはアジアジュニア選手権3000mで優勝し大会記録を残しています。
2019年も多くの大会で活躍し、2020年には第104回日本選手権1500mを日本新記録で優勝という快挙を成し遂げています。
同大会では5000mも優勝し2冠も達成しています。

中学校時代から陸上競技にのめり込んできた田中選手は日本のトップとなり世界で活躍する選手となりました。

田中希実の現在

現在、田中選手は「豊田織機TC」に所属しています。

豊田織機TCは田中選手の父親がコーチを務めるチームです。

田中選手にとってはどこのチームに在籍するかではなく父親がコーチをしているということが重要なようです。

始めた頃からずっと父親に教えてもらっています。文字通り二人三脚でここまで辿り着いたと言えるでしょう。
田中選手まだ大学生なので、これからも更に速くなると思います。とても楽しみですね。

田中選手は東京五輪での記録更新やメダル獲得を狙い調子を上げていることでしょう。

東京五輪では田中選手の熱い走りが見られることでしょう。

親子二人三脚で勝ち取った東京五輪

田中選手の活躍は父親との練習によって支えられてきました。

学校の部活やクラブチームに所属したことのない田中選手は陸上を始めたときから父親のコーチのもと練習に励んできています。

田中選手の活躍の裏には必ず父親の存在がありました。その練習メニューはとても合理的でジョギング中のペース配分などにも多くの工夫が施されているようです。

また、多くの意見を交わしながら練習に励んでいるようで親子だからこそ分かりあえる部分もあるのでしょう。

練習だけでなく様々な面でサポートしてくれている父親に支えられながらここまで成長した田中選手。

第104回日本選手権1500mを日本新記録で優勝、5000mも優勝して五輪内定を勝ち取りました。

スポンサーリンク

田中希実の家族構成や実家の情報

ここで、田中希実選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

田中希実の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

田中選手は兄と弟の男3兄弟で5人家族だそうです。

家族構成としては、

・父:田中健智さん
・母:田中千洋さん
・姉:田中希実選手
・妹:田中希空さん

(引用:東京オリンピック代表の田中希実選手、陸上に打ち込むきっかけは「海外に行きたい(?)」 - RUNNET - 日本最大級!走る仲間のランニングポータル)
田中家は家族全員ランナーというランナー一家です。
父親の健智(かつとし)さんは昔は実業団のランナーだったそうで全国6位に入賞したこともあるかなりの実力者です。
田中選手が中学校のときから現在に至るまでコーチをしています。
父親ということもあり2人は相性抜群で田中選手は健智さんのことをコーチ・父親という両面においてとても信頼しています。
東京五輪に向けて二人三脚で頑張ってきました。

母親の千洋(ちひろ)さんも相当の実力者で北海道マラソンを2度優勝しています。
妹の希空(のあ)さんは田中選手の出身高校である西脇工業高等学校に在籍していて800mなどの中距離を主としているようです。
田中選手のように日本を代表する選手になっていくのかもしれませんね。

コーチである父親や元ランナーである母親、同じく競技者の妹といった理解のある家族のサポートも田中選手の強さの秘密かもしれませんね。

田中希実のプロフィールと戦績

名前 田中希実(たなか・のぞみ)
生年月日 平成11(1999)年9月4日
身長 153cm
体重 41kg
出身地 兵庫県小野市育ヶ丘町
出身校 同志社大学スポーツ健康科学部(京都府)
所属 豊田織機TC
陸上歴 中学生~
愛称 のん
大事にしている言葉 一志走伝
主な実績

(2018年以降)

クロスカントリー日本選手権 シニア8km 優勝(2019)

第103回 日本選手権 1500m 2位(2019)

全国女子駅伝 1区 区間2位(2020)

ホクレンディスタンスチャレンジ 第2戦3000m 優勝(2020)

第104回日本選手権 5000m 優勝(2020)

田中選手の一番の思い出に残る大会は、第104回の日本選手権だろう。

この大会にて田中選手は1500mと5000mの両方で優勝し二冠を達成しています。

日本選手権は田中選手にとって大きな壁になっていて、その壁を超える一つのきっかけになったと試合後のインタビューにて心境を語っていたそう。

特に、5000mに関してはこれまでのレースや練習で納得できていないことから不安な気持ちでレースに臨みました。結果は堂々の優勝で東京五輪内定を獲得しています。

大きな壁と感じていた日本選手権、その中でも不安だった5000mで結果を残せたということは田中選手には大きな一歩といえるのかもしれません。

田中選手が父親と二人三脚で行ってきた練習の成果を証明した瞬間であり、思い出に残る大会となっているでしょう。

田中希実のプレースタイルや世間の声

成績もさることながら、プレースタイルもかなり人気なようで、

SNS上では田中選手への多くの応援コメントが見られました。
田中選手の走りは見る人を熱く魅了し多くのファンを生み出しています。
東京五輪でも熱い走りが見られることでしょう。

田中選手の試合を見るときに見てほしいポイントとしては、

変幻自在の走り

です。
中長距離種目において走っている最中の戦略はとても重要です。

早めに先頭に出て逃げ切るのか、集団で走り力を温存してラストスパートにかけるのなど選手によって持ち味を生かした走り方があります。

ですが、田中選手は戦略ではなく感覚で走っていることがあるようで、スタート直後から先頭を引っ張り逃げ切ることもあれば、集団の後方から巻き返すといった多彩なレース展開をしています。

2020年8月のセイコーゴールデングランプリの1500mでは先頭を引っ張って、ラスト1周で大きく引き離し日本記録を更新しました。

試合後のインタビューでは「無我夢中でレースの記憶はない。自分の感覚に任せた」と答えていたのが印象的です。

逃げ切りも、集団から巻き返すという走りも出来るのが田中選手の強みだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「田中希実の幼少期からの生い立ちや経歴、家族構成についてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと、

・マラソンなどに触れ始めたのは幼少期から。

・陸上競技を本格的に始めたのは中学校1年生から。

・コーチである父親と二人三脚で練習に励んでいる。

・家族構成は妹1人の4人家族。

父親と二人三脚で練習に励んできた田中選手は更に速くなるために多くの練習に取り組んできました。

多くの経験と家族からのサポート、挑戦し続ける心が世界で活躍する実力に繋がっているのかもしれませんね!

それでは、ご覧いただきありがとうございました。