アスリート

楢﨑智亜の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

スポーツクライミング・ボルダリングで日本が誇るトップスター楢﨑智亜選手。

「トモアスキップ」と呼ばれるアクロバティックな技や、イケメンな顔立ちに、国内問わず海外でも「ニンジャ」と評され、高い人気のある選手です。

そんな楢﨑智亜選手の

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために

今回は、楢﨑智亜の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報についてまとめてみました。

楢﨑智亜の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、楢﨑智亜選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような人生を送ってきたのか確認してみましょう。

楢﨑智亜の幼少期

栃木県宇都宮市で生まれた楢﨑智亜選手。

幼稚園の頃から運動神経が良く、器械体操をやっていたそうです。

将来を嘱望(しょくぼう)されるほど期待されていたそうですが、小学生にあがると体操をやめることになります。

楢﨑智亜の小学生~中学時代

クライミングと出会ったのは10歳の頃。

兄が通っていたクライミングジムに遊びに行ったことが転機となります。

この時初めてクライミングに触れたときに、

「登っているだけで面白かったし、自由に壁を動き回れるのが何より楽しかった」

引用元:olympics.com

と振り返り、また、人と競うのではなく「自分」との闘いに惹かれたとも語っています。

中学進学後にはめきめきと実力もつけ、中学3年生の頃にはJFAユース選手権やJOCジュニアオリンピックカップでともに3位となる好成績を残しています。

また中学時代の文集では「登る」ことについてだけ書かれていたそうです。

この頃からクライミングにかなり魅了されていたみたいですね!

また、楢﨑智亜選手の出身中学は作新学院中等部になりますが、2学年上の先輩には競泳でリオデジャネイロオリンピック金メダリストの萩野公介さんもいました。

スポンサーリンク

楢﨑智亜の高校時代

高校は宇都宮北高校に進学します。

宇都宮北高校は進学校としても知られる学校で、山岳部が全国でも常連校として有名です。

この山岳部に楢﨑智亜選手は在籍していました。

ちなみに中学は私立の作新学院中学に対し、高校は公立の宇都宮北高校を選んだ理由は不明ですが、高校在学当時は「医学部への進路も検討していた」そうで、もしかするとより勉学に励むためだったのかもしれません。

もしくは山岳部の強豪校というのも理由の一つにありそうです。

高校時代には、高校3年の頃にクライミング世界選手権に初出場。

結果は10位でしたが、日本人選手の中では2番目にいい成績を残しています。

また、国内大会でも、2012クライミング日本選手権で2位、2014クライミング日本選手権で4位という結果を残しています。

結果を残し続ける一方で、進路については当時かなり思い悩んでいたそうで、前述していた「医学部への進路も検討していた」というように大学へいくことを考えていたようです。

また、実家が病院だったため、両親からも大学進学を勧められていたそう。

しかし、楢﨑智亜選手の決断は「プロクライマー」になることでした。

父親からは「2年で結果が出なければ辞めるように」と言われていそうで、楢﨑智亜選手にとって勝負の2年間が始まります。

楢﨑智亜のプロ転向後・世界王者になるまで

高校卒業後プロクライマーとなった楢﨑智亜選手。

父との約束である「2年で結果を出す」という目標のもと、この時期に技術を磨きより勝利に貪欲になるようになります。

プロ転向後の1年目、2015年には日本ユース選手権で1位に輝くなど国内で結果を残します。

そして迎えたプロ転向2年目の2016年。

クライミング・ワールドカップで年間総合優勝を果たします!

さらにこの年に開催された世界選手権では、日本人史上初めての優勝を飾ります。

「クライミング人生を通しても一番嬉しい瞬間だった」と振り返るほど、2年で結果を残さなければいけないプレッシャーはかなり大きいものだったのではないでしょうか。

この年から楢﨑智亜選手は世界のトップ選手へと君臨します。

スポンサーリンク



楢﨑智亜の現在

その後は、株式会社KDDIとスポンサー契約を結び、TEAM-auに所属することになります。

「トモア・スキップ」と呼ばれるタイムを短縮する楢﨑智亜選手が編み出した技は国内海外問わず数多くの選手に取り入れられています。

また、海外では「トモア・スタイル」・「ニンジャ」という異名も付き、海外でも人気の高い選手です。

もちろん実績面でも、2016・2019年のクライミングワールドカップで年間総合優勝、2021年3月に行われたスピード・ジャパンカップ決勝では5秒72をマークし、自身が2020年10月に記録した5秒90の日本記録を更新するなど、成長はとどまりません。

今後の活躍にも注目していきましょう!

楢﨑智亜の家族構成や実家の情報

ここで、楢﨑智亜選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

楢﨑智亜の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

楢﨑智亜選手は3人兄弟の5人家族だそうです。

家族構成としては、

・父
・母
・兄
・本人:楢﨑智亜選手
・弟:楢﨑明智選手

弟の明智さんは同じくプロクライマーとして活躍されています。

父は前述していた通り医者の方で、楢﨑智亜選手は過去にAudi S8という車を譲ってもらったことがあるそうです。

ちなみにAudi S8の価格は2,000万円ほどだそうで、例え息子でも譲るのをためらってしまいそうな値段で驚きです。

そして、クライミングを始めたきっかけでもあるお兄さんは、詳しい詳細は分かりませんが、大学を辞めて医師を目指したということが分かっています。

その医師を目指す経緯が楢﨑智亜選手のようで、

僕が世界に挑んでいるときに、その姿を見て兄が『僕も挑戦してみようかな』と思ったみたいで大学を辞めて医師になるための勉強を始めた。大変そうでしたけどね。

引用元:THE ANSWER

こうした家族間での刺激もあってお互いに成長できる環境だったようですね!

楢﨑智亜選手のプロフィールと戦績

名前 楢﨑 智亜(ならさき・ともあ)
生年月日 1996年6月22日
身長 170cm
体重 60kg
出身地 栃木県宇都宮市
出身校 作新学院小学部-作新学院中等部-宇都宮北高校
所属 TEAM au
主な獲得タイトル ・世界選手権(2016パリ・2019八王子)

楢﨑智亜のプレースタイルや世間の声

成績もさることながらプレイスタイルも人気なようで、特に楢﨑智亜選手が編み出した技「トモアスキップ」はかなり人気が高いです!

また、海外から「ニンジャ」と評されるアクロバティックな動きにも要注目です!

ボルダリング初見の人でもハッキリとすごさが分かる楢﨑智亜選手のプレースタイルにスピード感に魅了されること間違いなし!

ぜひ今後も注目してください!

スポンサーリンク



まとめ

今回は、楢﨑智亜の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報についてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと。

・ボルダリングを始めた影響は兄が通っていたクライミングジムに遊びに行ったこと

・ボルダリングをやる前は器械体操をやっていた

・大学進学を辞め、プロクライマーで結果を残す道を選択

大学進学を辞め、プロクライマーで結果を残す道を選択した決断は、それほどクライマーとしての道を真剣に考えていたことだと思います。

2年で結果を残したのはホントすごいと思いますし、逆に2年の制約が刺激になったのかもしれません。

何事もまずはチャレンジすることが大切だと学んだ選手でした。

ぜひ今後の活躍にも注目してください!

それでは、ご覧いただきありがとうございました。