アスリート

水谷隼の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

男子卓球界のスター水谷隼選手。

日本卓球界のエースとして活躍するまでにさまざまな苦悩や葛藤があったようです。

そんな水谷選手の

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために

今回は水谷隼の幼少期からの生い立ちや経歴や家族情報についてまとめてみました。

水谷隼の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、水谷隼選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような人生を送ってきたのか確認してみましょう。

水谷隼の幼少期

静岡県磐田市で生まれた水谷選手。

そんな水谷選手は、父が代表を務めている豊田町卓球スポーツ少年団に第1期生として入り、5歳から卓球を始めたそうです。

もともとは右利きだった水谷選手ですが、両親が将来のことを考えて卓球の利き手を左手に矯正したとのことです。

水谷隼の小学生~中学時代

水谷選手は、磐田市立磐田北小学校 1年生のときに全日本卓球選手権大会バンビの部(小学校2年生以下)に初めて出場し、準優勝を治めています。

さらに、翌年同じく全日本卓球選手権大会バンビの部に出場し、見事優勝を勝ち取りました。

そして、中学校に上がるときには卓球を本格的にやっていきたいということで、福原愛さんがいた青森山田中学校に転校し、寮生活を送っていました。

中学生でありながら、静岡県を離れて青森県で寮生活をしながら卓球を極めていたのはすごいですよね。

中学2年生のときに出場した全日本卓球選手権ジュニアの部では史上最年少での優勝を治めています。

スポンサーリンク

水谷隼の高校時代~東京オリンピックの代表選手に選ばれるまで

水谷選手は卓球の名門である青森山田高校に進学しました。

そして、なんと当時の男子最年少記録である15歳10ヶ月で世界卓球選手権日本代表に選出されました。

しかし、強化選手としてドイツに留学した際、ピザとコーラという不健康な食事を続けていたことが原因で右脛を疲労骨折してしまいました。

この出来事により、今まで練習を欠かすことのなかった卓球から半年間も離れなければならないという苦しみを味わったそうです。

また、その後はバランスの良い食事をとるように心がけているそうです。

そして、2005年にはアジア選手権でアテネオリンピック銀メダリストである王皓を破るという快挙を成し遂げます。

しかし、2006年ほ初めごろにも足を疲労骨折するトラブルに見舞われてしまいます。

それでも水野選手はトラブルに負けず、必死に練習を続けました。

その練習の結果、2006年の全日本卓球選手権では、男子シングルス・男子ダブルス・男子ジュニアの部シングルスを制し3冠を達成したのです。

さらに、当時の史上最年少記録であるの17歳7ヶ月という若さで全日本卓球選手権優勝を決めました。

2007年には名門卓球部のある明治大学に進学した水谷選手。

その後の2008年の北京オリンピックでは団体で5位入賞を果たしました。

また、2009年には中国の中国スーパーリーグの浙商銀行に加入します。

そして、第5回東アジア競技大会では、団体戦で世界ランキング1位の中国の王皓を破るという快挙を成し遂げます。

これらの結果により、水谷選手は自身の世界ランキングも初のトップ10入りとなりました。

2010年には、全日本卓球選手権において史上初の男子シングルス5連覇を達成しました。

また、2010年から再び中国の中国スーパーリーグの四川郵儲・先鋒汽車に加入します。

その後、水谷選手は2012年に明治大学を卒業し、4月1日付でスヴェンソンと所属契約を結びました。

しかし、メダルが期待されて臨んだロンドンのリンピックでは思うように結果が出せず、ストレスから不眠症になり、飲酒をして睡眠を取ることもあったそうです。

たしかに、期待の声が大きすぎると背負ってしまうプレッシャーも相当ですよね。

それでも水谷選手は折れません。

2012年世界卓球選手権大会では男子団体を銅メダルに導きます。

さらに、2013年の世界卓球選手権パリ大会ではダブルスで銅メダル、全日本卓球選手権大会では3年ぶり6度目のシングルス優勝を果たします。

また、2013年には高校時代に知り合った一般の女性との結婚を発表しました。

2016年にはロシア・プレミアリーグのオレンブルクのFakel Gazpromに移籍し、技術を磨いていきました。

そして、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、シングルスで男女通じて日本人初のメダルとなる銅メダルを獲得しました。

さらに、シングルスだけでなく男子団体にも初の銀メダルをもたらしました。

その後も、2019年の全日本選手権では2年ぶり10度目の優勝で最多優勝記録を更新しています。

そんな水谷選手は、2021年に行われる東京オリンピックを最後に引退を明言しています。

ぜひ、東京オリンピックでも悔いの残らない戦いをしてほしいですね。

水谷準の現在

2019年のワールドカップや東京オリンピックのシングルス代表を決める大会は体の不調により出場を逃しています。
これまでもさまざまな怪我に悩まされてきた水谷選手。

東京オリンピックでは、団体戦、混合ダブルスへの出場が内定しています。

これまでさまざまな困難が水谷選手を襲いましたが、2021年の東京オリンピックではメダル候補筆頭です。

さらなる飛躍が今年の夏に見られることを期待しましょう!

スポンサーリンク

水谷準の家族構成や実家の情報

ここで、水谷準選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

水谷準の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

水谷選手は4人家族だそうです。

家族構成としては、

・父:水谷信雄さん
・母:水谷万記子さん
・兄:水谷準選手
・妹:水谷茉央選手

ちなみに、水谷選手の両親は共に卓球経験者であり、父・信雄さんは水谷選手が子どもの頃に通っていた「豊田町卓球スポーツ少年団」の代表も務めています。

また、妹の茉央さんも卓球選手です。

さらに、2013年に結婚したお相手の女性も元卓球選手だということです。

奥様は、水谷選手のために調理師専門学校に通い、健康的な料理を作って水谷選手を支えてきたそうです。

家族全員が卓球経験者ということで衝突をすることもあったと思いますが、経験者だからこそ分かり合える瞬間やサポートに努めていたそうです。

こうした家族のサポートも、水谷選手の強さの秘密かもしれませんね。

水谷隼選手のプロフィールと戦績

名前 水谷隼(みずたに・じゅん)
生年月日 1989年6月9日
身長 172cm
体重 63kg
出身地 静岡県磐田市
出身校 明治大学
所属 木下グループホールディングス
主なタイトル
(2019年以降)
平成30年度全日本卓球選手権大会(男子シングルス)優勝(2019年)
ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン(混合ダブルス)優勝(2019年)
ITTFワールドツアー・グランドファイナル(混合ダブルス)準優勝(2019年)
ITTFワールドツアー・ドイツオープン(混合ダブルス)準優勝(2020年)
ITTFワールドツアー・カタールオープン(混合ダブルス)優勝(2020年)

水谷準のプレースタイルや世間の声

水谷準選手は成績もさることながらプレイスタイルも人気なようで、

水谷選手は、過去のインタビューで以下のように語っています。

いずれ、コロナが落ち着いてきて、みんなの生活が普通に戻ってきた時、夢や希望を与えられる仕事は、アスリートが一番だと思うんです。
その時に、ちゃんと夢や希望をみんなに与えられるよう、自分は鍛えていかなければいけないと思っています。コロナが落ち着き、みんなに余裕が出てきてスポーツ観戦しようとなった時、恥ずかしいプレーは見せられない。「なんだそのプレーは!」と思われるようでは、アスリート失格です。
今は、夢や希望を与えられる場がやって来た時のためにしっかり準備しなければいけない期間だと思うし、それを目標にして日々を過ごそうと思っています。

スポンサーリンク



まとめ

今回は、水谷隼の幼少期からの生い立ちや経歴、家族構成についてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと。

・卓球を始めたのは卓球経験者の両親の影響

・小学校時代から全日本卓球選手権大会バンビの部で優勝するほど強かった

・リオ五輪シングルスで日本人初の銅メダル

・家族構成は妹1人の4人家族

高校生のころから日本代表として活躍している水谷準選手ですが、足の怪我や世間からの冷たい声などさまざまな試練にも立ち向かってきました。

こうした折れない心や家族の支えもまた世界一の秘訣かもしれませんね。

今夏の東京オリンピックがより楽しみになりそうな予感で、今後の水谷選手の活躍にもぜひ注目してください。

それでは、ご覧いただきありがとうございました。