アスリート

喜友名諒の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

2021年東京オリンピック男子空手代表で金メダルが期待されている喜友名諒(きゆな・りょう)選手。

空手には「組手」と「形」の2種目があります。

その「形」で最も金メダルに近い男と評されていて、その実績は世界選手権3連覇全日本選手権9連覇と他を寄せ付けない圧倒的な成績を残しています。

空手界においては世界最強の男とも言える喜友名選手ですが、

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために、今回は喜友名諒の幼少期からの生い立ちや経歴、家族情報についてまとめてみました。

喜友名諒の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、喜友名諒選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような人生を送ってきたのか確認してみましょう。

喜友名諒の幼少期

沖縄県で生まれた喜友名選手。

喜友名選手が空手を習い始めたのはなんと5歳の頃だそうです。

同じ幼稚園に通う友達の影響で空手道場に通い始めたといいます。

幼稚園の頃から空手を習うというのは中々珍しいケースかと思いますが、空手発祥の地とされる沖縄ならではの習い事なのかもしれませんね!

その後は空手漬けの日々となります。

喜友名諒の小学生~中学時代

中学2年生の頃に空手で初めて全国制覇を達成した喜友名選手。

既に中学生の頃から全国トップクラスであったらしいですが、中学3年生の頃にその後の喜友名選手の運命に大きく影響する師と出会います。

それが、世界選手権(形)で3連覇を達成し、沖縄の伝統空手を世界に広めた第一人者とも言われる佐久本嗣男(さくもと・つぐお)さんです。

喜友名諒の高校時代~大学時代

この佐久本さんの道場で通うべく、道場に近い興南高校に進学し、自宅から毎日通ったようです。

毎日通うというのも中々大変なことだと思うのですが、自己研鑽(じこけんさん)の高さがうかがえます!

そうした中で、高校時代はインターハイで3回戦止まりと思うような結果が残せませんでした。

しかし、道場でひたすら基礎を積み上げてきたことが大学生になって花開きます!

沖縄国際大学へと進学した喜友名選手。

頭角を現したのは大学3年生の頃。

インカレで初優勝を飾ります。

この優勝を皮切りに喜友名選手の世界への挑戦が始まります!

世界選手権での挫折、そして栄光を掴む日まで

全日本学生選手権での優勝をきっかけに、2012年に世界選手権に初めて日本代表に選出された喜友名選手。

しかし、世界への壁は高いものでした。

結果で言うと3位で、初めての世界選手権で3位というのはすごく立派な成績だと思うのですが、世界への頂きに届かない悔しさがあったそうです。

その後の国際大会でも中々1位がつかめず。

さらに、2013年のアジア選手権。

優勝候補筆頭と目されていた中まさかの3位という結果に。

あまりのふがいなさからかこの年の全日本選手権での優勝後のインタビューで涙を流す一幕もありました。

しかい、この世界選手権での挫折で喜友名選手は稽古を積み重ね、2014年の世界選手権でついに栄光を掴むこととなりました!

喜友名諒の現在

そしてこの2014年の世界選手権を皮切りに数多くのタイトルを獲得することとなります。

・世界選手権3連覇(2014・2016・2018)

・ワールドゲームズ優勝(2017)

・アジア大会(2018)

・全日本選手権9連覇(2012~2020)

日本ではのみならず世界でも敵なしといった圧巻の成績ですよね!

さらに、空手にはプレミアリーグという世界シニアランキングの上位100位以内のトップ選手のみが出場できる国際大会があり、そのプレミアリーグで金メダルを19回獲得したことがギネス記録として認定されています!

そして、東京オリンピックでは「満点を出して優勝する」と力強く宣言しています。

これだけの圧巻の成績を残している喜友名選手ですから、満点での金メダルも充分期待できそうですよね!

また、沖縄県出身者ではまだ金メダルを獲得した選手はいないそうです

今回の東京オリンピックで初めての沖縄県出身者の金メダル獲得となるかにもち注目して、喜友名選手の活躍に期待しましょう!

喜友名諒の家族構成や実家の情報

ここで、喜友名諒選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

喜友名諒の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

喜友名選手の家族情報に関してはあまり情報が出てきませんでした。

ネットで探してみると、父と母の名前のみ情報としてあがっていました。

・父:喜友名勇さん
・母:喜友名紀江さん

ただ、こちらの情報も明確ではないので憶測になります。

また、喜友名選手の奥さんについても明確な情報はありませんでしたが、ただいInstagramにて気になる写真がありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

bluefirststar(@jinjin.uehara)がシェアした投稿

よく見ると左手の薬指に指輪をしていますね!

ファッションではあまり付ける位置ではないと思うので、恐らく結婚指輪ではないかと話題になったようですね!

奥さんの情報はほとんどない為、恐らく一般の方ではないかと思います。

喜友名諒選手のプロフィールと戦績

名前 喜友名 諒(きゆな・りょう)
生年月日 1990年7月12日
身長 170cm
体重 78kg
出身地 沖縄県
学歴 沖縄東中学校-興南高校-沖縄国際大学
主な獲得タイトル 世界選手権(2014・2016・2018)

全日本選手権(2012~2020)

ワールドゲームズ(2017)

アジア競技大会(2018)

※プレミアリーグ優勝回数19回:ギネス記録に認定

国内のみならず世界でも敵なしといった状況です!

喜友名諒のプレースタイルや世間の声

喜友名諒選手は成績もさることながらそのスタイルも人気なようで、

また、喜友名選手自身も、

「まだまだ伸びしろがある。もっと点数を出せる」

とさらなる成長を誓っています。

世界選手権3連覇でもまだまだ成長途中という喜友名選手の今後の活躍にますます注目です!

まとめ

今回は、喜友名諒の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報もについてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと。

・同じ幼稚園に通う友達の影響で空手を始めた

・世界選手権3連覇、全日本選手権9連覇

・プレミアリーグ優勝回数19回はギネス記録に認定

世界最強と言っても過言ではない喜友名選手。

今夏の東京オリンピックでさらに獲得タイトルが増えるか。

より楽しみになりそうな予感で、今後の喜友名選手の活躍にもぜひ注目してください。

それでは、ご覧いただきありがとうございました。