アスリート

川畑瞳の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

2021年東京オリンピックの女子ソフトボール代表で金メダルが期待されている川畑瞳選手。

2021年日本リーグ前半戦までの成績では、打率.429(2位タイ)、4本塁打(1位タイ)、10打点(2位タイ)打撃3部門全てで好成績を残しています。

そんな川畑選手の

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために

今回は川畑瞳の幼少期からの生い立ちや経歴や家族情報について
まとめてみました。

川畑瞳の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、水谷隼選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような人生を送ってきたのか確認してみましょう。

川畑瞳の幼少期

鹿児島県鹿児島市で生まれた川畑選手。

そんな川畑選手は、兄の影響で保育園の頃からソフトボールに興味を抱き、練習を始めたそうです。

川畑瞳の小学生~中学時代

川畑選手は小学2年生のときに明和校区ソフトボールスポーツ少年団に入団して本格的にソフトボールを始めました。

また、ソフトボールを始めた当時はピッチャーをしており、上野由岐子選手に憧れていたとのことですが、川畑選手的には内野手がやりたかったため、途中でポジションを変更しています。

その後、川畑選手は神村学園中等部に進学しています。

神村学園には特別能力コースがあり、スポーツに特化した教育を受けることができるそうです。

さらに、神村学園にはソフトボールもあり、川畑選手はそこでソフトボールの実力を高めていきました。

スポンサーリンク

川畑瞳の高校時代~東京オリンピックの代表選手に選ばれるまで

川畑選手は神村学園高等部に進学しました。

高校3年生のときにはインターハイで優勝するという素晴らしい成績を残しています。

また、高校卒業後はデンソーブライトペガサスに所属しています。

デンソーブライトペガサスは愛知県安城市を拠点としている歴史のある強豪チームです。

そして、2016年に初めて日本代表入りを果たします。

また、2016年と2018年には世界選手権に出場しています。

さらに、2018年には二塁手でベストナイン賞も獲得しているのです。

ぜひ、東京オリンピックでも悔いの残らない戦いをしてほしいですね。

川畑の現在

2019年の5月にジャカルタで開かれたアジア・カップでは全7試合で満塁ホームランも打っています。

これまでもさまざまな困難に悩まされてきた川畑選手。

東京オリンピックでは、女子ソフトボールへの出場が内定しています。

これまでさまざまな困難が川畑選手を襲いましたが、2021年の東京オリンピックでは見事に金メダルを獲得しました。

さらなる飛躍が見られることを期待しましょう!

スポンサーリンク

川畑瞳の家族構成や実家の情報

ここで、川畑瞳選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

川畑瞳の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

川畑選手は5人家族だそうです。

家族構成としては、

・父:川畑?さん
・母:川畑?さん
・兄:川畑勇樹さん
・妹:川畑瞳選手
・弟:川畑?さん

ちなみに、川畑選手がソフトボールを始めるきっかけは兄の影響ですが、このとき兄の勇樹さんはソフトボールの選手だったそうです。

また、お母さんも「瞳が頑張っていれば、きっと上野さんと一緒に五輪に出られるから。夢じゃないよ」と子どもの頃に話していたそうです。

こうした家族のサポートも、川畑選手の強さの秘密かもしれませんね。

川畑瞳選手のプロフィールと戦績

 

名前 川畑瞳(かわばた・ひとみ)
生年月日 1996年5月1日
身長 165cm
体重 66kg
出身地 鹿児島県鹿児島市
出身校 神村学園高等部
所属 デンソー
主なタイトル
(2018年以降)
日本女子リーグ ベストナイン賞

川畑瞳のプレースタイルや世間の声

川畑瞳選手は成績もさることながらプレイスタイルも人気なようで、

スポンサーリンク



まとめ

今回は、川畑瞳の幼少期からの生い立ちや経歴、家族構成についてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと。

・ソフトボールを始めたのは兄の影響

・高校3年生のときにはインターハイで優勝

・高校卒業後はデンソーに所属

・家族構成は兄1人弟1人の5人家族

高校生の頃から活躍している川畑瞳選手ですが、さまざまな試練にも立ち向かってきました。

こうした折れない心や家族の支えもまた世界一の秘訣かもしれませんね。

今夏の東京オリンピックがより楽しみになりそうな予感で、今後の川畑選手の活躍にもぜひ注目してください。

それでは、ご覧いただきありがとうございました。