アスリート

東江雄斗の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

沖縄県浦添市出身の東江雄斗選手。

東京五輪の代表選手としても選出されており、試合中は司令塔という重要な役割を果たす日本のハンドボール界を引っ張る存在でです。

そんなハンドボール界のスター東江雄斗選手ですが、

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために、

今回は東江雄斗の幼少期からの生い立ちや経歴や家族情報についてまとめてみました。

東江雄斗の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、東江雄斗選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような歩みを描いてきたのか確認してみましょう。

東江雄斗の幼少期

 

この投稿をInstagramで見る

 

東江 雄斗(@yutoagarie)がシェアした投稿

東江選手は沖縄県出身の選手です。
両親は元ハンドボール選手であり、東江選手の兄もハンドボール選手というハンドボール一家です。

両親が元ハンドボール選手ということもあり東江選手は小さいころからハンドボールと共に過ごしてきました。
練習する体育館に行ってチームメイトの方に遊んでもらったりしていました。
そんな東江選手がハンドボールに本格的に触れるようになったのは小学校一年生頃からからだそうです。

東江雄斗の小学生〜中学時代

小学校は調査中です。
小学校に入学した東江選手は兄が所属しているハンドボール部に入りたいと思っていました。
当時のハンドボール部は4年生以上しか入部することが出来ないという決まりがありましたが、「太輝(東江選手の兄)の弟だから」という理由で特別に入部することが出来ました。
小学校時代の東江選手はハンドボールの他にもスイミングや書道などの習い事もしていましたが、ハンドボールの練習をもっとしたいため2年生に上がるとハンドボール以外の習い事は全て辞めてしまいました。
幼いころから東江選手はハンドボールが大好きで小学生ながら、その魅力や楽しさにとても惹きつけられていきました。
その後、東江選手は
地元の浦添市立神森中学校に進学しました。

東江選手は中学校は地元の学校に通っていました。小学校も地元の学校に通っていたのかもしれません。
東江選手は小中学生時代にかなり苦労したことがあります。
小学校2年生からハンドボールに専念して中学校卒業までに合計8回骨折しています。足を捻って骨折、シュートの際に肋骨を骨折など悩まされながらも練習に励んでいました。
中学生になった東江選手はその才能を開花させます。

第17回JOCジュニアオリンピックカップで優勝します。
その大会では最優秀選手に選ばれました。

この時の大会に両親は監督などのチームスタッフとして同行しています。
東江選手はキャプテンとしてチームを引っ張っていました。
小学校ではハンドボールの楽しさを学んだ東江選手、中学校では両親からハンドボールの基礎や技術・戦術など多くのことを学びハンドボール選手としての基盤をつくりあげました。

高校は沖縄県にある興南高等学校へ進学します。

スポンサーリンク

東江雄斗の高校時代〜日本代表になるまで

 

この投稿をInstagramで見る

 

東江 雄斗(@yutoagarie)がシェアした投稿

高校生になっても東江選手の活躍は止まりません。
1年生ながらに試合に出場して夏のインターハイ優勝という実績を残しています。
東江選手は沖縄の夏場の練習に耐えきれず、毎年熱中症になっていたそう。
夏場の体育館は蒸し風呂のようになります。その中で全力で練習していたら熱中症になるのもしょうがないですね。

3年生のインターハイ前にも熱中症になってしまった東江選手は入院してしまうほど体調を崩してしまいました。どうにか大会には出場したものの実力を発揮できずベスト8止まりという結果で終わってしまいます。
その悔しさをバネに東江選手は国体でのリベンジを心に決めます。
その年の山口国体で見事優勝しインターハイの悔しさを晴らしました。

高校を卒業した東江選手は早稲田大学へ進学します。

東江選手が早稲田大学に進学した理由が面白かったので紹介します。
高校生の東江選手は、母や兄、高校の恩師の母校である日本体育大学か早稲田大学のどちらに進学するか迷っていました。
とても迷っていた東江選手は「大学リーグの日体大VS早稲田大で勝利した大学に進学しよう!」ということから、大学リーグの勝者である早稲田大学に進学を決めたそうです。

早稲田大学のハンドボール部は、設立80年以上とかなり歴史のある部です。
また、関東リーグでは春季・秋季の合計で30回も優勝している強豪チームです。
東江選手は大学時代には多くの人と関わりながら充実した大学生活を送ったそうです。

大学時代には新人優秀賞1回・優秀賞3回を受賞しています。
日本代表のメンバーにも選ばれており、U-19・U-21・U-22・U-24と複数回選ばれています。

家族の支えもあり、小学校時代からハンドボールに触れてきた東江選手は国内外多くの大会で活躍する選手へと成長しました。

東江雄斗の現在

現在、東江選手は「ジークスター東京」と選手契約しています。
東江選手がジークスター東京と契約したのは2021年5月のことです。大学卒業直前の2016年1月から2021年5月までの5年間は「大同特殊鋼のハンドボール部Penix」に所属していました。
Penixに所属していた間に東江選手は、最優秀新人賞、得点王、最優秀選手賞など数々の受賞をしています。
また、Penix所属時代には2018年アジア大会4位など世界の舞台でも活躍をしています。

オリンピック直前の退団・移籍ではありますが、新しい環境でも東江選手は間違いなく活躍してくれることでしょう。

ハンドボール普及のチャンスである東京五輪
東江選手は移籍について、「自分自身の競技力を向上させたい、ハンドボール界の発展に貢献したいという強い思いから移籍を決意した。」とコメントしています。
(引用:ハンドボール日本代表の司令塔、東江雄斗がジークスター東京に移籍 – 琉球新報デジタル|沖縄のニュース速報・情報サイト (ryukyushimpo.jp))

まだまだメジャースポーツとはいえないハンドボールですが、東京五輪で大きな活躍を魅せることが出来たならハンドボール普及のための大きな足掛かりになることでしょう。
東江選手が移籍を決めた理由でもあるハンドボール界の発展に貢献するということのためにも東京五輪での優勝を目指して練習に励んでいることでしょう。

多くの人に支えられながら成長してきた東江選手、さらなる飛躍に期待しましょう!

スポンサーリンク



東江雄斗の家族構成や実家の情報

ここで、東江雄斗選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

東江雄斗の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

東江選手は兄1人の4人家族だそうです。

家族構成としては、

・父:名前不明
・母:名前不明
・兄:東江太輝さん
・弟:東江雄斗選手

冒頭でも紹介したように東江選手の両親も元ハンドボール選手です。
父親は元実業団の大崎電機でプレーしていたそうです。母親は日本体育大学出身で国体出場経験のあるハンドボール選手でした。

東江選手の兄である太輝さんは沖縄県の琉球コラソンというチームで活躍する現役選手です。
Instagramには兄と母親の写真が何度か載っていました。
兄の太輝さんもハンドボール選手のため、たまに兄弟対決があるそうで母親はよく観戦に来ているようです。

幼いころからトップレベルのハンドボール競技に触れることのできた東江選手は最高の環境で多くのことを吸収しながら日本を代表するハンドボール選手になるまでの実力をつけてきました。

家族全員がハンドボール選手というハンドボール一家で育ってきた東江選手だからこそ、日本を代表して戦うことが出来るほど成長できたのでしょう。

両親やお兄さんから多くのサポートを受けていたことでしょう。
こうした家族のサポートも、東江選手の強さの秘密かもしれませんね。

東江雄斗のプロフィールと戦績

名前 東江雄斗(あがりえ・ゆうと)
生年月日 平成5(1993)年7月6日
身長 182cm
体重 82kg
出身地 沖縄県浦添市
出身校 早稲田大学(東京都)
所属 ジークスター東京
ハンドボール歴 6歳~
苦手な食べ物 梅干し
休日の過ごし方 映画鑑賞
主な獲得タイトル

(2018年以降)

アジア大会 4位(2018)

世界選手権予選リーグ敗退(2019)

世界選手権 19位(2021)

東江選手の一番の思い出に残る大会は、高校生時代の山口国体優勝だとブログにて書いていました。

高校3年生のインターハイ1週間前に熱中症になってしまった東江選手は体調を崩して入院してしまいます。
どうにかインターハイには出場したものの体は思うように動かずベスト8で敗退してしまいます。
とても悔しい思いをした東江選手は国体でこの悔しさを晴らしてやると意気込みました。
意気込んだ山口国体では見事優勝し悔しさを払拭します。

この山口国体が東江選手の中では忘れられない大会だったようです。

東江雄斗のプレースタイルや世間の声

成績もさることながら、プレースタイルもかなり人気なようで、

SNS上では東江選手への多くのコメントが見られました。

東江雄斗選手の試合を見るときに注目してほしいポイントとしては、

豪快なシュート

です。
東江選手は現在のチームでは司令塔として活躍しています。
司令塔といえばチームのまとめ役というイメージですが、東江選手は指示を出しつつ自らも積極的にゴールを決めていきます。
Twitterには東江選手のカッコいいシュートシーンが取り上げられていました。

東江選手は以前のチームの時には得点王も受賞しているほど攻撃面においても秀でているプレイヤーです。

今後はそうしたプレーにも注目しましょう!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「東江雄斗の幼少期からの生い立ちや経歴、家族構成についてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと、

・ハンドボールを本格的に始めたのは小学校1年生の6歳ごろ。

・両親が元ハンドボール選手というハンドボール一家で育った。

・骨折や熱中症など多くの苦難に襲われながらも着実に力をつけ実績を残してきた。

・家族構成は兄1人の4人家族。

幼いころからハンドボール一筋の東江選手、トップレベルの両親から数多くのことを学び現在では日本を代表する一流の選手になりました。

数多くの努力と周囲の人たちのサポートが東江選手の上手さの秘訣かもしれませんね!

今夏の東京オリンピックがより楽しみになりそうな予感で、今後の東江選手の活躍にも是非注目してください!

それでは、ご覧いただきありがとうございました。