アスリート

清水希容の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

2021年東京オリンピック女子空手代表で金メダルが期待されている清水希容(しみず・きよう)選手。

空手には「組手」と「形」の2種目があるのですが、その「形」の種目で、史上最年少での全日本選手権優勝から7連覇を達成した日本女子空手界のエースです。

また、美しい姿や笑顔から女子空手界の綾瀬はるかさんとも言われています。

そんな清水希容選手は今までどのような歩みを進んできたのでしょうか?

今回は、

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために、清水希容の幼少期からの生い立ちや経歴、家族情報についてまとめてみました。

清水希容の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、清水希容選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような人生を送ってきたのか確認してみましょう。

清水希容の幼少期・小学生時代

1993年、大阪府で生まれた清水選手。

幼少期の頃は女の子らしかったそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kiyou Shimizu/清水希容(@kiyou_1)がシェアした投稿

たしかにロングヘアーで、正直空手をやっているとは見た目からは想像できないですね。

そんな清水選手が空手を始めたのは小学3年生の頃

既に一つ上の兄が空手を始めており、最初は軽い気持ちでついて行ったと言います。

最初はただただ興味本位で気になったのでついて行ったという感じですね!

その兄が通う空手道場の糸東流(しとうりゅう)に行くと清水選手は驚愕を受けます。

糸東流の空手道場では多くの女性が汗を流していたそうです。

この時に清水選手は、

「空手は男性のものというイメージが覆された」

「美しく形(かた)を繰り出す女性がかっこいい」

と、思ったそうなんです。

そして、そのことを両親に告げ道場に通うこととなります。

ちなみに小学生時代は一度も大会に出たことがないそうです。

清水希容の中学時代

小学校を卒業し、真住中学校に進学した清水選手。

ちなみにこの真住中学校は大阪市住之江区にある公立の中学校で、通学区域が大阪市立住之江小学校、大阪市立清江小学校、大阪市立住吉川小学校であることから、少なくともこの3つのどこかの小学校に清水選手は通っていたと思われます。

また、清水選手は住之江区の出身だということがわかりますね!

そして、その真住中学校には空手部がありませんでした。

他の部活に入る選択肢を考えていなかった為、道場と学校を通う日々になります。

また中学時代は、

「時間があれば空手に打ち込みたかったので、ずっと空手づけでした」

と語っていることからも、空手漬けの毎日だったようですね。

しかし、中学時代は3位の壁に苦しんだそうで、毎回のように3位になったそう。

初めて全国で3位になった時も、嬉しさより悔しさがこみあげてきて素直に喜べなかったそうです。

しかし、この負けん気の強さが清水選手をより成長させます。

清水希容の高校時代

高校は東大阪大敬愛高校に進学。

こちらの東大阪大敬愛高校は私立の学校で、空手道部は夏のインターハイ総合優勝7回、春の選抜では日本一に4回輝いたこともある大阪屈指の名門のようです。

この名門空手部で厳しい練習に励んできた清水選手ですが、高校時代はより自分に重圧をかけ、

「高校時代は、すべてを空手のために捧げた時代でした」

と振り返るほどでした。

そして、高校3年生の頃ついにインターハイで優勝を果たします。

元々は高校でやめるつもりだったという空手ですが、頂点に立った喜びを忘れられず、大学進学後も空手を続けることを決めました。

清水希容の大学時代

関西大学に進学した清水選手。

関西大学空手部は1938年創部で、創部80年を超える伝統ある部だそうです。

また関西の空手では1部2部制が採用されたリーグ戦があるのですが、一度も2部に落ちたことがなく、関西では実績・実力面でもトップクラスです。

そして、清水選手は関西大学在学中に歴史的快挙を達成します。

大学2年生時(20歳)に出場した全日本選手権で史上最年少での優勝を果たすのです。

若干20歳で全日本の頂点に立つのもすごいことですが、さらにその後の実績もすごいのでまとめてみました。

・全日本選手権:7連覇(2012~2019)

・世界選手権優勝:2回(2014、2016)

・アジア大会優勝:2回(2014、2018)

また、空手にはプレミアリーグという大会があり、世界空手連盟シニアランキングの上位100位以内のトップ選手のみが出場できる国際大会で、優勝11回という華々しい実績を飾っています。

そして、この実績が全日本空手道連盟が定めた日本代表選手選考基準に満たし、晴れてオリンピック女子空手界代表に選ばれることとなりました。

清水希容の現在

「形」では女子空手界でトップに君臨する清水選手。

2020年の全日本選手権では惜しくも優勝を逃し、8連覇はなりませんでしたが、これまでの実績も踏まえて、東京オリンピックでは優勝候補筆頭です!

また、Instagramなどでも積極的に練習風景などをアップされています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kiyou Shimizu/清水希容(@kiyou_1)がシェアした投稿

とても凛々しい姿で男の自分でも圧倒されてしまいそうですが、普段姿では優しい笑顔の一面も!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kiyou Shimizu/清水希容(@kiyou_1)がシェアした投稿

こうしたギャップがまたファンが多い一因でもありそうですね!

清水希容の家族構成や実家の情報

ここで、清水希容選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

清水希容の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

清水選手には空手を始めるきっかけになった一つ上の兄、父、母の4人家族です。

画像などは見当たらなかったものの、清水選手はミキハウスに入社した初任給で父・母・祖父母にプレゼントを買ってあげたというエピソードも!

親からすると初任給で最愛の娘から貰えるプレゼントはさぞ喜ばしいことでしょう!

とても仲がいい家族風景が目に浮かびます。

清水希容のプロフィールと戦績

名前 清水 希容(しみず・きよう)
生年月日 1993年12月7日
身長 160cm
体重 56kg
出身地 大阪府
学歴 真住中学校-東大阪大敬愛高校-関西大学
主な獲得タイトル 世界選手権(2014・2016)

全日本選手権(2012~2019)

ワールドゲームズ(2017)

アジア競技大会(2014・2018)

※プレミアリーグ優勝回数11回

清水希容のプレースタイルや世間の声

清水選手は試合中の表情と普段のギャップがとてもよく人気があるようです!

たしかに男の自分から何かカッコイイと思ってしまう凛々しさがありますね。

また、2017巨人-中日戦の東京ドーム始球式では「形」を披露後お茶目な一幕も。

東京オリンピックのみならず、その後の清水選手の活躍にも要注目ですね!

まとめ

今回は、清水希容の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報もについてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと。

・兄の影響で空手を始めた

・全日本選手権7連覇、史上最年少での全日本選手権優勝

・試合中と普段のギャップで人気急上昇中

強く美しいという言葉が似合う清水選手。

東京オリンピックでは凛々しい演舞姿に魅了されること間違いなし!

今後の清水選手の活躍にもぜひ注目してください。

それでは、ご覧いただきありがとうございました。