アスリート

大迫傑の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

東京都町田市出身の大迫傑選手。

東京五輪の代表選手としても選出されており、日本のマラソン界を牽引する存在です。

そんなマラソン界のスター大迫傑選手ですが、

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために、

今回は大迫傑の幼少期からの生い立ちや経歴や家族情報についてまとめてみました。

大迫傑の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、大迫傑選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような歩みを描いてきたのか確認してみましょう。

大迫傑の幼少期

 

この投稿をInstagramで見る

 

Suguru Osako 大迫傑(@suguru_osako)がシェアした投稿

大迫傑選手の出身は東京都町田市です。

大迫選手が陸上に触れるようになったのは中学生の頃からだそうです。

元々やっていた野球よりも走ることが楽しくなったことがきっかけでした。

大迫傑の小学生〜中学時代

小学校は調査中です。

小学生の大迫選手は陸上競技にはまだ出会っておらず野球をしていたそうです。
小さいころからスポーツをするのは好きだったそう。

その後、大迫選手は
東京都にある町田市立金井中学校に進学しました。

大迫選手が陸上競技を始めたのは中学生になってからです。

それまでやっていた野球よりも走ることが楽しくなったことから野球を辞めて陸上競技を始めました。

ですが、大迫選手が通っていた中学校には陸上部はありませんでした。

そこで諦めてしまいそうなものですが、大迫選手は他校の練習に参加させてもらったりクラブチームに入るなど自ら積極的に行動し練習していました。

その時、両親は大迫選手へのサポートをしっかりしていたそうです。試合に出れるように学校へ交渉し、クラブチームを一緒に探してくれ片道一時間ほどの送り迎えもしてくれました。

両親のサポートもあり大迫選手はどんどん陸上競技にはまっていきました。

中学2年生の頃には通っている中学校に陸上部が発足し、それからは練習漬けの生活を送っていました。

大迫選手は中学3年生のときには全国区で活躍するほどの実力となり、3000mで東京都中学校最高記録を樹立します。

高校は長野県にある佐久長聖高等学校へ進学します。

スポンサーリンク



大迫傑の高校時代〜日本一になるまで

 

この投稿をInstagramで見る

 

Suguru Osako 大迫傑(@suguru_osako)がシェアした投稿

大迫選手は駅伝の強豪校である佐久長聖高校へ進学します。

高校2年生の時には史上4人目となる5000mで13分台という好記録をマークします。
同年のインターハイでは全国高校駅伝に出場します。アンカーで走ることを志願した大迫選手は区間賞を獲得し初優勝に大きく貢献します。

大迫選手は全国にその名を轟かせる選手へと成長しました。

高校を卒業した大迫選手は早稲田大学スポーツ科学部へ進学します。

進学後も陸上競技に打ち込んだ大迫選手はより多くの大会で活躍する選手へと成長します。

大学進学後の活躍は凄まじく、大学1年の2010年には第22回出雲駅伝で2区を走り、早稲田大学14年ぶり2回目の優勝に貢献しました。

大学2年時の第87回箱根駅伝、大学3年時の第88回箱根駅伝の両方で1区の区間賞を獲得しています。

大学4年時の2014年にはカーディナル招待で10000mの日本人最高記録である27分38秒31を記録するなど数々の実績を残しています。

大学進学後は「日清食品グループ」に入社していますが、1年ほどで契約解除し「ナイキ・オレゴン・プロジェクト」というナイキの中長距離専門のチームに専念しました。

その後も2016年の日本陸上競技選手権大会で10000mと5000mの二冠達成、2018年のシカゴマラソンで2時間5分50秒の日本新記録更新などの快挙も果たしています。

中学校時代から陸上競技にのめり込んできた大迫選手は日本のトップとなり世界で活躍する選手となりました。

大迫傑の現在

現在、大迫選手は「ナイキ」に所属しています。

大学卒業後に所属していた「ナイキ・オレゴン・プロジェクト」は中長距離専門のチームでしたが2019年に解散しています。

「ナイキ」に所属しているということは変わらないようです。

大迫選手は東京五輪のマラソン種目の代表選手です。

マラソンのイメージが強い大迫選手ですが、マラソンに本格的に切り替えたのは2017年からです。

学生時代や2016年頃までは駅伝や競技場で行われるトラック競技に専念していて5000mや10000mなどの記録を多く残しています。

42.195kmという果てしない距離を走るマラソンですが、走ることの好きな大迫選手に相応しい競技だったのかもしれません。

マラソンに切り替えてからも日本記録更新をしています。東京五輪代表選考のかかった2020年東京マラソンでは4位入賞し、自身の持つ記録を更新する「2時間5分29秒」という記録で代表内定をしています。

現在30歳という年齢でベテランとも言える大迫選手は東京五輪が最後のレースになることを明かしています。

大迫選手は自身の持つ全ての力を注ぎ東京五輪での記録更新やメダル獲得を狙い調整してきていることでしょう。

東京五輪では大迫選手の熱い走りが見られることでしょう。

競技人生最後のゴールを東京五輪で

大迫選手は自身のYouTubeチャンネルにて東京五輪が競技人生最後のレースであることを2021年7月29日に更新した動画で明かしました。

2013年に東京五輪が行われることが決まってから大迫選手は東京五輪を目標にしてしたそうです。

コロナウイルスの感染拡大に伴い開催が危ぶまれた東京五輪ですが、大迫選手は開催されたときに100%の力が出せるように取り組んできました。

日清食品を辞めた後は環境大きく変えるために日本を離れ渡米し、世界トップ選手たちと共に練習をしてきました。

2021年1月からはケニア合宿に励んでいましたがコロナの影響もあり途中で中止となりました。

現在は再びアメリカにて練習に励んでいます。

大迫選手は競技人生最後の大会である東京五輪で自身の持てる全ての力を出し切ろうとしています。

多くの人に支えられながら成長してきた大迫選手、2021年の東京オリンピックでも6位入賞という結果で感動を与えてくれました!

スポンサーリンク



大迫傑の家族構成や実家の情報

ここで、大迫傑選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

大迫傑の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

大迫選手は兄と弟の男3兄弟で5人家族だそうです。

家族構成としては、

・父:大迫猛さん
・母:大迫直恵さん
・兄:名前不明
・次男:大迫傑選手
・弟:大迫準也さん

父親の猛さんは有限会社キュートという会社の代表をしています。

1999年9月に設立した神奈川県にある会社で、主に家庭用ゲーム機のゲームを制作しているそうです。

猛さんは一流の選手というわけではありませんが、市民マラソンなどには出場しているようなので趣味として走ることはあるのかもしれません。

それが大迫選手が陸上競技を始めるのに影響しているのかもしれませんね。

母親の直恵さんについては詳しい情報はありませんでしたが、中学校時代の大迫選手へ厚いサポートをしていたことが分かりました。

大迫選手が陸上競技を続けてこられたのは母の支えも大きいでしょう。

兄については名前の情報もありませんでしたが、弟の準也さんは大迫選手と同じく陸上競技をしているそうです。

準也さんは大迫選手の海外合宿についていってサポートをするなど陸上競技をやっていたからこそ出来ることをしています。

また、大迫選手は結婚していてアメリカでは奥さんと2人の子供と共に暮らしています。

食事などに関しては奥さんから大きなサポートを受けていることが分かりました。

こうした家族のサポートも大迫選手の強さの秘密かもしれませんね。

大迫傑のプロフィールと戦績

名前 大迫傑(おおさこ・すぐる)
生年月日 平成3(1991)年5月23日
身長 168cm
体重 53kg
出身地 東京都町田市
出身校 早稲田大学スポーツ科学部(東京都)
所属 ナイキ
陸上歴 中学生~
好きな食べ物 生もの、甘いもの、お酒
趣味 美味しものを食べること
主な実績

(2018年以降)

第101回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競争 10km 優勝 29分53秒(2019)

シカゴマラソン 3位 2時間5分50秒(2018)

マラソングランドチャンピオンシップ 3位 2時間11分41秒(2019)

東京マラソン 4位 2時間5分29秒(2020)

大迫選手の一番の思い出に残る大会は、2020年の東京マラソンだろう。

2018年のシカゴマラソンで日本新記録をだした大迫選手ですが、期待がよせられた翌年の東京五輪の代表選がかかったマラソングランドチャンピオンシップでは日本実業団の選手に負けて代表への切符を逃してしまいます。

日本の環境では強くなれないと判断し海外に拠点を移した大迫選手にとっては日本で活動する選手に負けたこと、自身の記録からかなり離れていた走りに大きな挫折を味わいました。

大迫選手は自分自身の練習を再び見つめなおしトレーニングに取り組みました。

その結果が現れたのが2020年の東京マラソンであり、大迫選手は日本記録を更新し代表内定を獲得しました。

大迫選手自身の練習の成果を証明した瞬間であり思い出に残る大会となっているでしょう。

大迫傑のプレースタイルや世間の声

成績もさることながら、プレースタイルもかなり人気なようで、

SNS上では大迫選手への多くの応援コメントが見られました。

最後の大会ということもあり大迫選手のラストを惜しむものも多くありますが、それ以上に応援コメントが多く皆から愛されている選手だと思います。
東京五輪では悔いのない走りをしてほしいですね。

大迫選手の試合を見るときに見てほしいポイントとしては、

フォアフット走法と熱い走り

です。

日本の長距離選手の中では踵から着地する走り方が一般的だが、アフリカの選手はつま先から着地するフォアフット走法で世界の頂点に君臨しています。
海外で練習してトップの選手たちから学んだ大迫選手の武器でもあります。

実際に2度の日本記録更新の際にはフォアフット走法で走っています。

また、東京五輪でも大迫選手はとても熱い走りをしてくれました。

引退で見ることはできなくなるかもしれませんが、最後は記憶に残る走りを見せてくれましたね!

スポンサーリンク



まとめ

今回は、「大迫傑の幼少期からの生い立ちや経歴、家族構成」についてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと、

・陸上競技を本格的に始めたのは中学校1年生から。

・中学には陸上部がなかったためクラブチームや他校の練習に混ざりながら練習していた。

・日本を離れて海外に拠点を置き練習している。

・家族構成は兄と弟1人ずつの5人家族。

ストイックに練習に励んできた大迫選手は自分自身を超えるために様々なことに挑戦し続けてきました。

多くの経験と家族からのサポート、挑戦し続ける心が世界で活躍する実力に繋がっているのかもしれませんね!

今夏の東京オリンピックがより楽しみになりそうな予感で、大迫選手の活躍にも是非注目してください!

それでは、ご覧いただきありがとうございました。