アスリート

緒方漣(横浜)のドラフト進路や評価!出身中学や成績に通算本塁打は?

2021年の高校野球注目選手を紹介したいと思います。

今回、紹介する選手は神奈川・横浜高校の緒方漣選手です。

2021夏の甲子園1回戦の広島新庄戦で1年生では史上初めてとなる劇的な逆転サヨナラ本塁打を放った、スーパー1年生です。

ドラフト候補としても注目を集めそうな緒方漣選手のドラフト進路や評価、出身中学や成績に通算本塁打などについてまとめてみたいと思います。

緒方漣のドラフト進路や評価は?

さすがにまだ1年生ということもありプロのスカウト評価については見当たりませんでした。

ですが、名門・横浜高校で1年生からレギュラーとして活躍するだけに、今後注目度も増していくかと思います。

また、中学時代に指導をしていたという、元プロ野球選手の柳川洋平さんは緒方選手の性格を、

「普段は自分のことを表に出すような性格ではないのですが、『何で僕の名前が無いんですか』と言ってきたんです。こんなことを言うと思わなかったので、僕も正直驚きました」

引用元:dmenuニュース

とコメントするなど、負けず嫌いな性格はプロ向きではないかと思います。

緒方漣のプレースタイルは?打撃・守備・走塁

打撃

身長は166cmと小柄な体格ではありますが、バッティングセンスはピカイチで、2021年夏の神奈川県予選では22打数10で打率.455を記録。

打点も7あげるなど勝負強さも光ります。

また、引っ張る打球も多くみられるなど、プルヒッターとしての素質がありそうです。

守備

捕球からスローイングまでの動作が非常に速く、源田2世とも呼ばれている守備はすでに完成されているのではないかというレベルです。

また、その広い守備範囲「緒方ゾーン」とも呼ばれているらしく、1年生で名門横浜高校の遊撃手をつとめているだけはありますね。

打撃はスランプということもありますが、守備にはスランプと呼べるものがないだけに、大きな武器になります。

特徴

そのほか、際どいコースを見極める選球眼にも優れていると思います。

粘り強くカットもするなど、相手に回すと嫌なバッターかもしれません。

・プルヒッター

・守備は源田2世とも称される

・選球眼〇

スポンサーリンク



緒方漣の出身中学はどこ?

緒方選手の出身中学は神奈川県川崎市にある川中島中学校というところです。

中学時代はオセアン横浜ヤングという硬式野球クラブチームに所属。

中学3年生の頃には3番打者として、ヤングリーグのグランドチャンピオン大会で日本一を達成。

10打数5安打で打率5割と圧倒的な成績を残しています。

緒方漣の成績

・2021年神奈川県予選(夏)

対戦チーム スコア 打数 安打 打点 四死球 盗塁
2回戦 足柄 ○31-0 3 3 2 2 0
3回戦 神奈川商工 ○12-0 1 0 1 3 1
4回戦 鎌倉学園 ○3-0 4 1 0 0 0
5回戦 厚木北 ○11-1 2 0 1 2 0
準々決勝 向上 ○11-3 5 2 0 0 0
準決勝 藤沢翔陵 ○9-1 2 1 0 2 0
決勝 横浜創学館 ○17-3 5 3 3 1 0

全試合で安打もしくは打点をあげるなどチームへの貢献度は計り知れないです。

また、四死球の数も多く、選球眼の高さも数字に表れています。

緒方漣のプロフィール

緒方選手のプロフィール

名前:緒方 漣(おがた・れん)
生年月日:2005年生まれ
出身地:神奈川県川崎市
身長:166cm
体重:63kg
投打:右投右打
ポジション:遊撃手
経歴:川崎市立川中島中学校(オセアン横浜ヤング)→横浜高校

スポンサーリンク

まとめ

今回は横浜高校の緒方漣選手についてまとめてみました。

源田2世と呼ばれる守備や選球眼もある粘り強いバッティングに注目です。

まだ1年生ということもあり今後の活躍が楽しみですね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。