アスリート

森下瑠大(京都国際)の球種や球速は?出身中学や成績にドラフト評価は?

2021年の高校野球注目選手を紹介したいと思います。

今回、紹介する選手は京都国際の2年生エース森下瑠大(りゅうだい)選手です。

2022年ドラフト候補として注目され、2021選抜・夏でも出場し、隙のないピッチングで躍動しています。

そこで今回は、ドラフト候補としても注目を集める森下瑠大選手の球種や球速、過去の成績やドラフト進路・評価についてまとめてみたいと思います。

森下瑠大の変化球(球種)や最高球速は?特徴も

球速

森下選手の球速はMAX143キロ

2021選抜時は、130キロ台だった球速も、夏の大会では常時140キロ前後にまで成長し、まだまだ伸びしろを感じさせてくれます。

また、ストレートのスピードが速くなったことにより、ストレートでも空振りがとれ、投球の幅も広がったようにも感じます。

変化球(球種)

森下選手の変化球(球種)は、

 

・スライダー
・カットボール
・チェンジアップ
・カーブ

 

特にスライダーの切れ味は一級品で、東北楽天ゴールデンイーグルスの松井裕樹投手を彷彿とさせます。

特ストライクからボールになる左打者へのスライダーは、ストレートも見せ球にすることで、より生きてくるボールになっています。

特徴

投球フォームは、ランナーがいなくてもセットポジションから投げます。

腕の振りが早く、やや出所が見にくい投球フォームにもみえますね。

また、外野手をやっていた経験もあり打撃も甲子園で逆方向にホームランが打てる長打力も兼ね備えています。

・MAX143キロのストレート

・左打者の外に逃げていくスライダーがすごい

・打撃センスも非凡

スポンサーリンク



森下瑠大の出身中学はどこ?

森下選手の出身中学は京都府福知山市にある南陵中学校というところです。

その南陵中時代は福知山ボーイズでプレーし全国大会に出場しています。

高校時代以前、小学校・中学校の森下選手の経歴を少し掘り下げます。

森下選手が野球を始めたのは小学1年生。

京都府にある、昭和ガッツというチームで、当時は投手兼外野手としてプレーしています。

その後南陵中学に進学し、福知山ボーイズで全国大会出場、U-15関西選抜に選ばれるなど、中学時代から名をはせていた選手でもあります。

森下瑠大の成績

・2021年京都府予選(夏)

対戦チーム スコア 投球回 被安打 奪三振 与四死球 失点
2回戦 京都翔英 ○3-0
3回戦 洛水 ○8-1
4回戦 洛東 ○9-2
準々決勝 塔南 ○4-0 9 3 13 2 0
準決勝 東山 ○11-8 8 2/3 10 8 1 6
決勝 京都外大西 ○6-4 7 2/3 3 6 3 0

※京都翔英戦は登板していますが、成績不明です。

奪三振率は9.34です。

奪三振率は、ピッチャーの能力を測る指標であり、この奪三振率が高いピッチャーほど、自力で打ち取ることができるピッチャーとされています。

投球イニング数(9イニング)を上回る奪三振率なら充分すごいのですが、森下選手の場合それを上回る奪三振率です。

森下瑠大のドラフト進路や評価は?

2022年ドラフト候補として注目を集める森下選手ですが、プロのスカウトからも注目されています!

「打ちづらそうな感じ。リーチが長く、リリースまでの時間が長い。打者はボールとフォームのズレ、違和感を持つと思う。楽しみです」

千葉ロッテ・永野育成スカウト部長

「安定している。左でブレないし、変化球も投げられる。まだ体は細いが、スピードが上がると面白い。バランスが良くてリリースポイントが乱れない」

巨人・渡辺スカウト

森下瑠大のプロフィール

森下選手のプロフィール

名前:森下 瑠大(もりした・りゅうだい)
生年月日:2004年9月19日
出身地:京都府福知山市
身長:178cm
体重:73kg
投打:左投左打
ポジション:投手
経歴:昭和ガッツ→南陵中学(福知山ボーイズ)→京都国際

スポンサーリンク

まとめ

今回は京都国際高校の森下瑠大選手についてまとめてみました。

2022年ドラフト候補として注目されていますが、ストレートは1年足らずで10キロほど速度があがっていました。

まだまだ伸びしろがありそうですし、今からプロに入ったあとの活躍が楽しみですね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。