アスリート

原田海の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

大阪府岸和田市出身のプロクライマーの原田海選手。

東京五輪の代表選手として選出されており、驚異の保持力を持つ彼は日本のクライミング界を牽引するクライマーの一人です。

そんなクライミング界のスター原田海選手ですが、

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために、

今回は原田海の幼少期からの生い立ちや経歴や家族情報についてまとめてみました。

原田海の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、原田海選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような歩みを描いてきたのか確認してみましょう。

原田海の幼少期

大阪府岸和田市で生まれた原田海選手。

原田選手がクライミングに触れるようになったのは小学校5年生の頃からだそうです。

原田海の小学生〜中学時代

小学校については調査中です。
原田選手がクライミングを出会ったのは小学校5年生の時です。
実家の近くにあったクライミングジムを母親が偶然見つけて登りに行ったことが原田選手がクライミングを始めたきっかけです。
当時の原田選手は競技としてではなく遊びの延長線上としてクライミングをしていたようです。昔から登ること自体が好きだったことが分かりますね。

小学校時代は習い事の一環としてクライミングスクールに通っていたようで様々な年代の方と登りながらクライミングの楽しさにのめり込んでいったようです。
この時はまだ競技としてクライミングをしていなかったようで大会に関する大きな実績はありませんでした。
ですが、クライミングを気に入った原田選手は練習に励み少しずつ力をつけていきます。

原田海選手の出身中学校は調査中です。

小学校に続き中学校の情報についても確証のある情報はありませんでした。
原田選手は出身小中学校については公にしていないようです。
大阪府岸和田市出身ということから付近の学校に通っていたということなのでしょうか。

中学の原田選手は陸上部に所属していたようで100mを主とした短距離選手でした。
クライミングも続けていたようですが中学校時代においても大きな実績はありませんでした。
中学校時代もクライミングは競技者としてではなく趣味の範囲で続けていたようです。
当時の原田選手はクライミングの大会があること自体をあまり知らなかったようです。

高校は大阪府高石市にある、私立の羽井学園高等学校へ進学します。

スポンサーリンク

原田海の高校時代〜日本を代表とするクライマーとなるまで

原田選手が本格的に大会に出場するようになったのは2014年の高校一年生の時です。
この時から原田選手は才能を開花させていきます。

第17回JOCジュニアオリンピックカップ大会(L)で5位に入賞します。
それまで公式大会に出てこなかった無名の選手が初出場の大会で5位という高順位に位置づけたことから一気に注目を集めました。
当時の原田選手はボルダリングの経験しかなかったようですが、リードの大会で初めての実績を残しているということが更に驚きです。

原田選手は第17回JOCジュニアオリンピックカップ大会の入賞を機に翌年の2015年からは公式大会に続々と参戦し多くの成績を残していきます。
2015年からは日本国内だけでなくユースの世界大会にも出場しています。

高校1年生
・第17回JOCジュニアオリンピックカップ大会(L) 5位

高校2年生
・クライミング・日本ユース選手権2015(L) 3位
・全日本クライミングユース選手権ボルダリング競技大会2015 1位
・第18回JOCジュニアオリンピックカップ大会(L) 1位
・IFSC世界ユース選手権 アルコ2015(B) 2位 2位

高校3年生
・全日本クライミングユース選手権リード競技大会2016 2位
・全日本クライミングユース選手権ボルダリング競技大会2016 1位
・IFSCクライミング・アジアユース選手権 テヘラン 2016 (B) 1位

高校生になった原田選手は日本の大会だけでなく世界大会においても数多くの好成績を残していることが分かりますね。
高校3年生の頃には世界の舞台でも活躍できるほどの急成長をみせています。

高校を卒業した原田選手は神奈川大学人間学部に進学しています。

神奈川大学では山岳部に所属しているようです。神奈川大学の山岳部には原田選手と同様に日本代表としてワールドカップに出場している緒方良行選手も在籍しています。

原田海選手の名を日本全国に知らしめた大会と言えば第15回ボルダリングジャパンカップ優勝です。

安定した登りで予選・準決勝を難なく突破した原田選手は今大会の決勝戦において驚異的な爆発力をみせました。

決勝の4課題はとてもハードで日本トップレベルの選手が登りきることの出来ない課題もありました。

その中でも決勝の2課題目は多くのクライミングファンを沸かせました。

決勝に進出したクライマーを次々と跳ね返した2課題目、原田選手は一回で登りきる圧巻のパフォーマンスで唯一の完登者となります。

この2課題目が決め手となり原田選手は優勝を手にしました。

原田海の現在

原田選手は2018年10月から日新火災海上保険と所属契約を結んでいます。

日新火災には同じく東京五輪代表の楢崎智亜選手の弟である楢崎明智選手も所属しています。

原田選手と楢崎明智選手はどちらも1999年生まれで同い年ということもあり良いチームメイトになっているのではないかと思います。

また、レッドブルや住友商事、クライミングシューズブランドのSCARPAなど他にも多くの企業とパートナー契約を結んでいます。

2021年1月末に行われた第16回ボルダリングジャパンカップでは表彰台には乗れなかったものの6位という上位の成績を残しています。
しかし、同年3月末に行われた第34回リードジャパンカップでは22位という結果になっていました。東京五輪に向けて調整している途中なのでリードジャパンカップには標準を合わせていなかったのかもしれませんね。
また、東京五輪の前哨戦ともいえる2021年6月に行われた第4回コンバインドジャパンカップには原田選手の姿はありませんでした。
その理由について原田選手は自身のInstagramにてワールドカップのソルトレイクシティ戦以前からの指の痛みについて書いていました。

検査結果は深刻なものではないようなので、東京五輪に向けてどんどん調子を上げてくるのではないかと思われます。

原田選手は東京五輪に向けて調子を整えているので本番では最高のパフォーマンスが見られることでしょう!

スポンサーリンク



原田海の家族構成や実家の情報

ここで、原田海選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

原田海の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

原田選手は3人家族だそうです。

家族構成としては、

・祖母:名前不明
・父:名前不明
・母:敬子さん
・長男:原田海選手

原田選手は母親と祖母との3人家族で育ってきました。
父親に関する詳しい情報はなかったものの原田選手は20歳の誕生日の際にInstagramにて「女手一つで育ててくれた母」と書いていることから、シングルマザーだということが分かりますね。

Instagramには幼少期の原田選手と母親の敬子さんの写真が載っていました。
敬子さんは基本的には放任主義だったようで原田選手の好きなようにさせていたようです。
そのお陰で原田選手は小学校から中学校の間は気楽にクライミングを楽しむことができ、その間に大きな舞台で活躍するための力を蓄えることができたのかもしれません。

原田選手が楽しそうにのびのびと登るのは幼少期の育て方によるものが大きいのでしょう。
今の原田選手があるのは母親の敬子さんのお陰だといえますね。

祖母については詳しい情報はありませんでした。

応援してくれる家族が支えもあり、原田選手は競技に集中することができ多くの成果が残せているのかもしれませんね。

原田海のプロフィールと戦績

名前 原田海(はらだ・かい)
生年月日 平成11(1999)年3月10日
身長 168cm
体重 55kg
出身地 大阪府岸和田市
出身校 神奈川大学人間学部(神奈川県)
所属 日新火災、レッドブル、住友商事、他多数
クライミング歴 小学校5年生~
好きなスポーツ

(クライミング以外で)

特になし
好きな食べ物 お肉
主な獲得タイトル

(2019年以降)

第34回リードジャパンカップ 22位(2021)

第16回ボルダリングジャパンカップ 6位(2021)

第15回ボルダリングジャパンカップ優勝(2020)

第2回コンバインドジャパンカップ 2位(2020)

ワールドビーチゲームス・ボルダリング優勝(2019)

IFSCクライミング・ワールドカップ(L) クラーニ 2位(2019)

原田選手の一番の思い出に残る大会が、第15回ボルダリングジャパンカップ優勝だそうです。
原田選手はこの大会に向けてかなりの調整を行い自分自身の最大のパフォーマンスを発揮していました。絶対優勝すると心に決めて挑んだ大会において有言実行できたということで原田選手はこの大会が心に残っているようです。

原田海のプレースタイルや世間の声

成績もさることながら、プレースタイルもかなり人気なようで、

やはり、優勝したジャパンカップでの登りに注目が集まっていることが分かります。

コメントで「お手本以上にお手本」といわれているように登り方もとても綺麗です。

原田選手の試合を見るときに見てほしいポイントとして、

驚異の保持力と爆発力

に注目してほしい。

原田選手は日本代表の男子選手の中でもかなり指先の力が強いです。

カチと呼ばれる指先しかかからない小さいホールドも掴むのが得意なようで自身のYouTubeチャンネルでもカチが得意だと話していました。

また、自然の岩場も好きなようでInstagramにはいくつかの外岩に行っている投稿が確認できました。

V12という登れる人も少ない高グレードの課題を一回で登り切っているのは本当に凄いです。

第15回ボルダリングジャパンカップの決勝ではかなりの爆発力を発揮していました。課題次第では高順位の獲得も期待できます。

今後、原田選手の試合を見る際はそうした保持力と爆発力に注目してみましょう!

まとめ

今回は、原田海の幼少期からの生い立ちや経歴、家族構成についてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと、

・母親が偶然見つけた実家近くのクライミングジムに行ってみたことがきっかけ。

・小学校~中学校時代はのびのびとクライミングをして高校生で才能が一気に開花した。

・家族構成は祖母と母親の3人家族。

数々の偉業を成し遂げてきた原田選手ですが、その裏には多くの努力と母親のサポートがあることが分かりました。

多くの大会に出場した経験値の多さも強さの秘訣かもしれませんね!

今夏の東京オリンピックがより楽しみになりそうな予感で、今後の原田選手の活躍にも是非注目してください!

それでは、ご覧いただきありがとうございました。