アスリート

源田壮亮の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

西武ライオンズ新主将に就任し、2021東京オリンピック野球代表に選出された源田壮亮選手。

そんなライオンズの主将源田選手ですが、プロに入るまで、日本代表に選ばれる選手になるまで、様々な苦悩や葛藤があったようです。

そんな桃源田手の

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために、

今回は源田壮亮選手の幼少期からの生い立ちや経歴や家族情報についてまとめてみました。

源田壮亮の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、源田壮亮選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような歩みを描いてきたのか確認してみましょう。

源田壮亮の幼少期

 

この投稿をInstagramで見る

 

源田壮亮(@gendagenda6)がシェアした投稿

大分県大分市で生まれた源田選手。
どんな幼少期を過ごしていたのでしょうか。

源田壮亮の小学生〜中学時代

明野西小学校出身の源田選手。
源田選手は野球を始めたきっかけについて、

「父が野球好きだった。僕らの地域は少年野球のチームがなくて、ソフトボールが8チームぐらいあって盛んだった。(小学)2、3年の頃、2個上の兄が始めた時に一緒にソフトボールチームに入ったのがきっかけ」

と、こう語っていました。

やっぱり野球選手の野球との馴れ初めは、家族の影響なんですね。

明野中学校へ進み、源田選手は中学からは硬式野球の大分明野ボーイズへ入ります。
同チームは近年、立て続けにOBがプロ野球に進んでおりアマチュア野球にも有望株が多くいるそうです。
こんな素晴らしいチームですが、源田選手の中学時代の情報は詳しく出てきませんでした。

スポンサーリンク

源田壮亮の高校時代~プロ入りまで

源田選手は、大分県立大分商業高校へ進学します。

ここ最近甲子園出場を何度も果たしている強豪校ですね。

大分商業を選んだ理由として、

「何校からかお話をいただきましたが、その中から大分商高を選択。決め手は吉野賢一郎監督の熱意でしたね」

と語っています。

大分商業では3年生春の春季大分大会決勝進出が最高で、甲子園出出場はないチームです。

3年生夏の第92回全国高等学校野球選手権大分大会準々決勝では3番・遊撃手で出場し1安打を放ちましたが、2対0で日田林工に敗戦。

当時のコーチから「強い大学リーグで戦った方がいい」とアドバイスを受け、愛知学院大学に進学する
このころから源田選手は遊撃手のポジションについていたんですね。

大分商業卒業後は、野球を長く続けるため、そして当時のコーチから「強い大学リーグで戦った方がいい」という助言から、愛知学院大学へ進学します。

源田選手は高校時代にもプロからの声がかかっていました。

「育成ならという話はありました。でも育成で行ったとしても、その時のことを現実的に考えたら、線は細いし背も低かったから厳しいと思って、大学進学を選びました。度紺の大学に行くかを考えた時に、東京の大学に行きたかったけどそれも無理で…。なんとなく九州を出た方がいいのかなと思ったりもして、話をいただいいる中で愛知学院なら全国大会にも沢山出ているから注目されやすいと思いました。それと、東海地方なら社会人野球のチームも多いですし、それもあって愛知学院を選んだという感じです」

高校時代にここまで考えられるなんて、しっかり者ですね。

そしていざ大学野球の世界に飛び込んだ源田選手ですが、「全国的に見ても強い野球部だから、チームメイトの出身校を見たら甲子園に出てる強豪の人もたくさんいました。自分は強豪枠の選手じゃないからみんなすごいなぁって思ってました」と周囲の環境には驚かされたそうです。

しかし源田選手は1年生の春から主に守備固めとしてリーグ戦に出場していました。日々練習を続けていた守備は安定感が増してきましたが、バッティングではいい結果が出せない時期が長く続いたそうです。

それからは、バッティングとしっかり向き合い、色んな種類のティーバッティングを繰り返し自分自身と向き合い続けました。

そんな源田選手に転機が訪れます。

2年生の秋のリーグ戦直前に左手の指を骨折して手術をします。

メンバーからははずれスタンドから自分のチームを初めて見ていて、試合に出られるありがたみを感じたそうです。

それからは3割を超える高打率を記録したり、大学の日本代表候補に選ばれプロ野球選手になりたいという気持ちが更に強くなったそうです。

愛知学院大学では1年秋から遊撃手のレギュラーに定着し、32打数10安打、打率.313の結果を残し、愛知大学1部リーグ優勝と明治神宮野球大会の準優勝を経験。

4年時には主将になりリーグ優勝に貢献。秋はベスト4に終わりましたが、敢闘賞とベストナインを受賞します。

リーグ戦通算76試合出場、256打数73安打、打率.285、0本塁打、20打点。

十分な成績を残します。

それでもプロからの誘いはなく大学卒業後は、トヨタ自動車に入社します。

トヨタ自動車の方にも「うちで2年間やって、プロを目指そうよ」と言われ、春のリーグでいい結果が出てプロから声がかかり、2016年のNPBドラフト会議で埼玉西武ライオンズから3巡目で指名され、源田選手のプロ野球人生が始まります。

源田壮亮の現在

2017年3月31日の北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム、開幕戦)に、「9番・遊撃手」でスタメンに起用されます。

西武の新人選手が開幕戦に遊撃手としてスタメンで出場したのは1981年の石毛宏典以来36年ぶりということで、1年目から期待をされている選手だということがわかりますね。

ポストシーズンには、チームのレギュラーシーズン2位で迎えたクライマックスシリーズファーストステージへの出場も経験し1年目ではなかなか味わえない経験をすることになります。

そしてもっと凄いことに、同年オフの11月に東京ドームで開催された第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ(APBC)の日本代表に選出されます!

さらにはパ・リーグの新人王に選ばれるなど、源田選手の力を認められる1年となります。

2017年以降は、一躍1軍の顔となり、1年目以上の活躍をし続けます。

しかし、2019年も開幕から遊撃手として出場していましたが、4月13日のオリックス・バファローズ戦で山﨑福也から右手首に死球を受け負傷。

右手関節挫傷と診断され、4月14日のオリックス戦ではスタメンから外れ、プロ1年目の開幕戦から続いていた連続フルイニング出場が299試合で止まってしまします。

2020年からは現レッズの秋山翔吾選手に指名され主将となります。

就任時には

「指名いただき、とても身が引き締まる思いです。チームとして、まずは3連覇を目指してやっていきます。今年の悔しさを晴らすために、そして“日本一”を掴み獲るために、キャプテンとしてチームを引っ張っていけるよう全力で頑張ります」

と意気込みを述べています。

2021年も開幕から遊撃手としてスタメン出場を続けていたが、右太ももの張りを訴えて5月23日の日本ハム戦を欠場します。

さらに同27日の試合前には発熱を訴え、検査の結果新型コロナウイルス陽性と判明。

しかし、療養を経て二軍に合流し、6月15日の二軍戦で実戦復帰し、現在は一軍にも復帰しています。

コロナウイルスからも復帰し、さらなる飛躍が今年の夏に見られることを期待しましょう!

スポンサーリンク

源田壮亮の家族構成や実家の情報

ここで、源田壮亮選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

源田壮亮の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

先ほどもお姉さんがいることは少し触れましたが、源田選手は4人家族だそうです。

家族構成としては、

・父:源田光明さん
・母:源田靖子さん
・兄:ー
・弟:源田壮亮選手

お兄さんのお名前は出てきませんでした…。

また、源田選手の奥さんと言えば、元乃木坂46の衛藤美彩さんであることは有名です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

源田壮亮(@gendagenda6)がシェアした投稿

あるテレビ番組の取材で知り合い、同じ大分県出身ということもあり意気投合したのだと思います。

なんとも運命的なものも感じますね!

源田壮亮のプロフィールと戦績

名前 源田 壮亮(げんだ・そうすけ)
生年月日 平成5(1993)年2月16日
身長 179cm
体重 75kg
出身地 大分県
チーム歴 大分商業-愛知学院大学-トヨタ自動車
所属 埼玉西武ライオンズ
ゴルフ歴 8歳~
好きなスポーツ ソフトボール
血液型 O型
主な獲得タイトル

(2019年以降)

最優秀新人(2017)

スピードアップ賞(2017)

ゴールデングラブ賞(2018)

ベストナイン(2018)

オールスターゲーム第2戦 最優秀選手賞(2018)

源田壮亮のプレースタイルや世間の声

まとめ

今回は、「源田壮亮の幼少期からの生い立ちや経歴、家族構成についてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと、

・野球を始めたのは父親の影響。

・小学生時代はソフトボールも経験野球を始めたのは中学校から。

・実家の家族構成は兄1人の4人家族。

・お嫁さんは元乃木坂46の衛藤美彩さん!

西武ライオンズのキャプテンとしても人気の源田壮亮選手。
今夏の東京オリンピックがより楽しみになりそうな予感で、今後の桃田選手の活躍にも是非注目してください!

それでは、ご覧いただきありがとうございました。