アスリート

大谷翔平の幼少期からの生い立ちや経歴!家族構成・両親の情報も

米球宴史上初めて投打同時出場、日本人選手として初めてのホームランダービー出場などメジャーリーグでも数々の偉業を達成し続けている大谷翔平選手。

そんな大谷翔平選手の高校時代や日本プロ野球時代の偉業も振り返ると共に、

・生い立ちやどういった経歴を持っているのだろう?

・家族構成や両親・兄弟の情報も気になる

と思っているあなたのために、

今回は大谷翔平の幼少期からの生い立ちや経歴や家族情報についてまとめてみました。

大谷翔平の生い立ちや経歴

それでは早速ですが、大谷翔平選手の生い立ちや経歴についてまとめてみました。

幼少期から高校、現在までどのような歩みを描いてきたのか確認してみましょう。

大谷翔平の幼少期

岩手県奥州市出身の大谷翔平選手。

翔平という名前の由来は、地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「翔」の字を用い、平泉から「平」を取って名付けられたそうです。

そんな大谷選手が野球を始めたのは小学生からだそうです。

大谷翔平の小学生時代

奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始めた大谷選手。

水沢リトルリーグ時代は小学5年生の時点で110km/hを計測するなど、当時から球が速かったそうです。

小学6年生の頃には東北大会決勝で17奪三振の圧巻のピッチングを見せます。

また、水沢リトルリーグ時代には全国大会にも出場。

すでに小学生時代から輝かしい経歴を持っていますが、小学生時代から決して努力を怠ることはありませんでした。

小学生時代には父・徹さんがその日の評価やアドバイスを書き、翔平は試合での反省や今後の課題を記した「野球ノート」という野球の交換日記をして、二人三脚で歩んできました。

そのノートには、

・「大きな声を出して、元気よくプレイする」

・「キャッチボールを一生懸命に練習する」

・「一生懸命に走る

父・徹さんそれら3つのポイントを息子・大谷翔平選手にノートを通して伝えてきたと言います。

そのことは大谷選手の心にも深く刻まれていて、

「3つの教えは基本的なものですが、今でも覚えています。それは、いつどのステージに行っても言われ続けることだと思います。特に全力疾走は、そのこと自体に意味がありますけど、その取り組む姿勢にも大きな意味合いがあると思っています」

引用元:msn

こうした、父の献身的な指導が大谷選手の支えにもなっていたのですね。

大谷翔平の中学時代

奥州市立水沢南中学校進学後は一関リトルシニアに所属。

ちなみにこの「一関リトルシニア」ですが、2018年に選手不足によりチームは解散しています。

中学時代のエピソードとして、

・福島県の合宿時に場外ホームランを放ち歩行者用信号機を破壊。

・6イニング全18個のアウトのうち、17個は奪三振。

どちらも常識では考えにくいすごいエピソードですよね。

歩行者用信号機を破壊したエピソードは推定飛距離120mと言われていて、プロの球場でも広いことで有名な札幌ドームですらスタンドインできるほどの飛距離です。

また、中学生時代には球速も120km/hを超えるなど、投手としても打者としても後の二刀流選手としての片鱗を見せつけています。

そして舞台は高校へと変わります。

スポンサーリンク



大谷翔平の高校時代

岩手県の強豪、花巻東高校へと進学した大谷選手。

中学生当時の2009年、菊池雄星投手率いる花巻東高校の躍進をテレビで見ていたという大谷選手はテレビで見ていたと言い、大谷選手を後に指導することになる花巻東高校の佐々木洋監督も、

「雄星たちの野球を、中学生の大谷が見たことは大きかったと思います。岩手が野球で熱狂し、こんなにもみんながひとつになるんだと感じたわけです。あれがなかったら、大谷は他県の高校に行っていたかもしれない。すべては巡り合わせだったと思います」

引用元:FLASH

と語るなど、大谷選手に進学先に大きな影響を残したのだと思います。

この花巻東進学後から偉業を連発します。

高校2年生時に甲子園での高校2年生最速タイ記録(当時)、高校3年生時の岩手県予選一関学院戦で高校生史上最速となる160km/hを記録。

ちなみに高校1年生~3年生までの球速推移は、

・高校1年:147km/h

・高校2年:151km/h

・高校3年:160km/h

それぞれ最高球速の記録ですが、この3年の間にここまで成長するのは大谷選手のポテンシャルの高さが伺えます。

もちろん投手としてだけでなく打者としても当時から一流で、大阪桐蔭のエースで、現在は阪神タイガース所属の藤浪晋太郎投手からホームランを放つなど、大器の片鱗を予感させてくれました。

甲子園通算成績は以下になります。

甲子園通算成績

・投手:14イニング、防御率3.77、16奪三振

・打者:2試合、打率.333、1本塁打

甲子園は2年夏、3年春の2回のみの出場です。

その後大谷選手は、日本のプロではなくMLBへの挑戦を表明。

気持ちはMLBへと向いていましたが、北海道日本ハムファイターズが大谷選手を強行指名。

当初は大谷選手も入団拒否を表明していましたが、日本ハムは熱意をもって説得。

交渉では「大谷翔平君 夢への道しるべ〜日本スポーツにおける若年期海外進出の考察〜」と題された30ページに及ぶ資料を提示されたり、二刀流育成プランを提示されるなどかなりの熱意ですね!

その熱意が伝わったのか、北海道日本ハムファイターズに入団することとなります。

大谷翔平の現在

プロ入り後の大谷選手は常識を超えた選手へと進化します。

事細かく書くとかなり長くなるので割愛しますが、まず北海道日本ハム時代に残した記録をまとめてみました。

-日本プロ野球での主な記録-

・日本人史上最速165km/hを計測

・オールスターゲーム史上最速の162km/hを計測。

・江夏豊の20歳2か月を更新する16奪三振以上のNPB最年少記録(20歳0カ月)

・高卒3年目での15勝到達(日本ハムではダルビッシュ有以来)

・史上初の投手として先頭打者本塁打

・NPB史上初の「10勝、100安打、20本塁打」

・プロ野球史上66年ぶりとなる「4番・投手」での出場

・史上4人目となる40勝・40本塁打を達成

まるで漫画のような偉業を日本プロ野球で達成した大谷選手。

同じプロ野球選手からも、

野球をやめたくなると言わしめるほどの選手だという大谷選手は日本からアメリカへ活躍の場を移しても偉業を達成し続けます。

-メジャーリーグでの主な記録-

・MLB史上初の「10登板、20本塁打、10盗塁」

・ベーブ・ルース以来の1シーズンで10試合に先発登板し、かつ10本塁打を記録。

・日本人史上初のホームランダービー出場

・スポーツ界のグラミー賞またはアカデミー賞と言われるESPY賞の「ベストMLB選手」部門に日本人選手で初めて選出

メジャーリーグでの舞台でも進化を続ける大谷選手の今後にも是非注目していきましょう!

スポンサーリンク

大谷翔平の家族構成や実家の情報

ここで、大谷翔平選手の気になる家族構成や実家の情報についても調べてみました。

大谷翔平の両親・兄弟(姉妹)・家族構成

大谷選手は兄1人、姉1人の5人家族だそうです。

家族構成としては、

・父:徹さん
・母:加代子さん
・兄:龍太さん
・姉:結香さん

父の徹さんは社会人野球の選手、母の加代子さんはバドミントン選手とスポーツマン一家で育ったみたいです。

大谷翔平のプロフィールと戦績

名前 大谷 翔平(おおたに・しょうへい)
生年月日 1994年7月5日
身長 193cm
体重 95kg
出身地 岩手県奥州市
出身校 奥州市立姉体小学校(水沢リトルリーグ)-奥州市立水沢南中学校(一関リトルシニア)-花巻東高校
所属 北海道日本ハムファイターズ-ロサンゼルス・エンゼルス
主な獲得タイトル

-NPB-

最多勝利:1回(2015)

最優秀防御率:1回(2015)

最高勝率:1回(2015)

-MLB-

新人王:日本人史上4人目

ESPY賞(2021)

月間MVP(20216月)

大谷翔平のプレースタイルや世間の声

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「大谷翔平の幼少期からの生い立ちや経歴、家族構成」についてまとめてみました!

最後に要点をまとめますと、

・名前の由来は源義経

・中学生時代は歩行者用信号機を破壊したホームランを放つ

・父は社会人野球選手、母はバドミントン選手のスポーツ一家

数々の偉業を成し遂げてきた大谷選手ですが、その裏には多くの努力と両親のサポートがあることが分かりました。

今後も投手として、打者として二刀流での活躍に期待したいですね!

それでは、ご覧いただきありがとうございました。