【K-1】武尊(たける)のプロフィールや経歴!現在の彼女も調査  

2024年1月28日に有明アリーナで行われるONE Championshipの「ONE 165」で、ONEフライ級ムエタイ王者のロッタン・ジットムアンノン選手と対戦することが決まっている格闘家の武尊選手。武尊選手にとってはONEのデビュー戦となるこの対戦は大きな注目を集めています。そこで今回は、格闘家・武尊選手のプロフィールや経歴、気になる武尊 彼女についてまとめてみました!

武尊(たける)選手のプロフィール

  • 本名:世川武尊(せがわ たける)
  • 生年月日:1991年7月29日
  • 年齢:32歳
  • 出身地:鳥取県米子市
  • 身長:168cm
  • 血液型:AB 型
  • 出身校:境港総合技術高校福祉科中退
  • 所属:team VASILEUS

武尊選手の経歴

米子市立弓ヶ浜小学校時代

格闘技との出会いは小学2年生の時。テレビでK-1の試合を観戦し、元K-1王者のアンディ・フグ選手に憧れて空手道場に通い始めました。「カッコいい!」と思って始めた空手でしたが、やってみると毎回怖ったとのこと。当時はとても弱く練習でも試合でもほとんど勝ったことが無かったそうで、練習に行くのも嫌だったそうです。しかし空手を辞めなかった武尊選手、その理由は空手が好きだったのもありますが、気合の入った元ヤンの母親に「1回自分で決めたことは簡単に曲げるな」と怒られ、毎回道場に連れて行かれていたそうです。武尊選手は「そのおかげで今がある。母親がいなかったら多分辞めていた」と母親に感謝しているそうです。

米子市立弓ヶ浜中学校時代

中学入学後も引き続き安井道場で空手に打ち込んだ武尊選手でしたが、「田舎って不良がモテる。悪いことをすればカッコいい」と素行が悪くなり、髪を染めたりピアスの穴を開けたりしていたそうです。カッコいいと思われたくてバンドも組み、武尊選手はギター担当していました。そんな中学時代でしたが、それでも空手だけは真面目に取り組んでいたといいます。

鳥取県立境港総合技術高等学校時代

高校には進学せずに格闘家を目指すことも考えた武尊選手でしたが、子供好きで保育士への憧れもあり、ボクシング部があり保育士の資格も取れる同校への進学を決めました。高校入学後は同校のボクシング部にも所属。しかし武尊選手は素行が悪く、僅か3カ月で退学となってしまいました。その後、キックボクシングに転向した武尊選手でしたが、高校生日本一決定トーナメント「K-1甲子園」を目指すため、通信制の星槎国際高校に再入学しています。2008年にはアルバイトでお金を貯めてタイに単身で武者修行へ行き、様々なアマチュア大会に出場して経験を積みました。そして2009年、念願のK-1甲子園出場を果たすも、関西地区予選の2回戦で敗退し悔し涙を流しました。

高校卒業後以降

アルバイトを掛け持ちして上京資金を貯め、2010年に上京。「常勝軍団」と呼ばれるキックボクシングジム「チームドラゴン(TEAM DRAGON)」に入門しました。そして2011年9月24日、Krush.12にてプロデビューを果たしました。これまでの主なタイトルは下記の通りです。武尊選手は史上初となるK-1 WORLD GP世界3階級制覇王者です。

アマチュアキックボクシング

  • 2007年:全中国アマチュアキックボクシングトーナメント(バンタム級)優勝
  • 2009年:西日本プロアマキックボクシングトーナメント(ライト級)優勝
  • 第114回・115回・116回・160回:新空手道交流大会K-2トーナメント(軽量級)優勝

プロキックボクシング

  • 2013年:初代Krushフェザー級王座(防衛3度)
  • 2015年:初代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王座(防衛1度)
  • 2016年:初代K-1 WORLD GPフェザー級王座(防衛1度)
  • 2018年:第4代K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王座(防衛2度)
  • 2023年:ISKA K-1ルール世界ライト級王座
  • 2023年:KGP世界ライト級王座

表彰

  • 第22回全日本新空手道大会K-2グランプリ BUDO-RA賞(2011年)
  • 丸京製菓 どらやき大使(2014年)
  • K-1 AWARDS 2017 最高試合賞(4月22日 ビクトー・サラビア戦)
  • K-1 AWARDS 2018 最優秀選手賞
  • K-1 AWARDS 2019 最高試合賞(3月10日 ヨーキッサダー・ユッタチョンブリー戦)
  • K-1 AWARDS 2020 ベストKO賞(3月22日 ペッダム・ペットギャットペット戦)
  • K-1 AWARDS 2021 最高試合賞(3月28日 レオナ・ペタス戦)

元K-1・3階級制覇王者である武尊 彼女は一体誰なの?

2023年2月9日、FRIDAYデジタルが武尊選手の熱愛をスクープ。武尊選手が住む都内の高級マンションから小柄な女性が出てきたとのこと。その武尊 彼女と思われる女性はグラビアなどで活躍中の女優・川口葵さんでした。川口さんといえば、2020年に日テレのバラエティ番組「幸せ!ボンビーガール」に出演し、「可愛すぎるボンビーガール」として注目を集めました。その川口さんが武尊選手のマンションに2日連続でお泊りしたとFRIDAYは報じています。

川口葵さんは武尊 彼女ではない?!

川口葵さんとの熱愛についてFRIDAYが武尊選手に直撃。武尊選手と川口さんは5~6年前に共通の知人を通して知り合い、よく会うようになったのはここ最近からとのこと。しかし武尊選手は川口さんが武尊 彼女であることは否定しており、「そこまでの関係にはまだなれていない」と話しています。K-1のカリスマである武尊選手はやはり外で女性と会いにくく、川口さんが多忙な武尊選手のために時々料理や洗濯をしに来てくれているそうです。武尊選手は恋愛関係の前にまずは信頼関係と考えているそうで、川口さんとはその信頼関係を築いている段階なのだとか。ただ武尊選手にとって川口さんは大切な存在ではあるので、武尊 彼女になる日もそう遠くないかもしれませんね。

まとめ

今回は、元K-1・3階級制覇王者の武尊選手のプロフィールや経歴、武尊 彼女と噂されている川口葵さんとの関係についてまとめてみました。学生時代はヤンチャだった武尊選手ですが、保育士を目指し進学先を決めるなど根っからのヤンチャではなく、優しさや純粋さを持ち合わせた少年だったことがわかりました。FRIDAYの熱愛報道から約1年が経ちますが、川口葵さんは武尊 彼女になったのでしょうか。今後の武尊選手の活躍と熱愛報道に注目です!