【フィギュアスケート男子】宇野昌磨の経歴!本田真凛との結婚はいつ?

2023年12月20日から開幕する全日本フィギュアスケート選手権。今大会で6度目の優勝を目指すのが2018年平昌五輪フィギュアスケート男子シングル銀メダリストの宇野昌磨選手です。宇野昌磨選手は昨年の全日本選手権でも優勝しているので、今年は2連覇をかけて戦います。そこで今回は、宇野昌磨選手の経歴や、気になる本田真凛と宇野昌磨 結婚についてまとめてみました!

宇野昌磨(うの しょうま)選手のプロフィール

  • 生年月日:1997年12月17日
  • 年齢:25歳
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 身長:158cm
  • 血液型:B型
  • 出身校:中京大学スポーツ科学部中退
  • 所属:トヨタ自動車

宇野昌磨選手の経歴

宇野昌磨選手の幼少期

超低出生体重児で生まれた宇野昌磨選手、幼少期は入退院を繰り返していたそうで、「少しでも身体が強くなるように」との思いから両親の勧めで様々なスポーツに挑戦しました。その中で宇野選手が「もう1回やってみたい」と言ったのがフィギュアスケートで、5歳の時にフィギュアスケートを始めました。また宇野昌磨選手は紫外線アレルギーでもあり、紫外線にあたると赤く腫れ、発熱や湿疹も伴ない数週間は治らないのだとか。幼少期から健康面で数々の問題を抱えていた宇野昌磨選手が、まさかオリンピックのメダリストになるなんて誰も想像していなかったのではないでしょうか。

ジュニア時代の主な成績

  • 2012年10月 ISUジュニアGP ブラエオン・シュベルター杯 2位
  • 2013年8月 ISUジュニアGP リガ杯 3位
  • 2014年10月 ISUジュニアGP クロアチア杯 優勝
  • 2014年11月 全日本ジュニア選手権 優勝
  • 2014年12月 ISUジュニアGPファイナル 優勝
  • 2014年12月 全日本選手権 2位
  • 2015年3月 世界ジュニア選手権 優勝

シニア以降

史上初の4回転フリップ成功がギネス記録に!

シニア1年目でグランプリファイナル3位となり、全日本選手権でも2位に。そして2016年4月に開催されたコーセー・チームチャレンジカップではISU公認大会初の4回転フリップに成功し、ギネス世界記録に認定されました。2018年平昌オリンピックでは銀メダル、2022年北京オリンピックでは銅メダルと五輪2大会連続でメダルを獲得。2022年、2023年の世界選手権では日本男子では初となる連覇を達成。また、2016年から2019年にかけては全日本選手権4連覇を成し遂げています。

シニア時代の主な成績

2015-16シーズン
  • 2015年10月 ISU GPシリーズ スケートアメリカ 2位
  • 2015年11月 ISU GPシリーズ エリック・ボンパール杯 優勝
  • 2015年12月 全日本選手権 2位
  • 2015年12月 ISU GPファイナル 3位
2016-17シーズン
  • 2016年10月 ISU GPシリーズ スケートアメリカ 優勝
  • 2016年11月 ISU GPシリーズ ロステレコム杯 2位
  • 2016年12月 ISU GPファイナル 3位
  • 2016年12月 全日本選手権 優勝
  • 2017年2月 四大陸選手権 3位
  • 2017年3月 世界選手権 2位
2017-18シーズン
  • 2017年10月 ISU GPシリーズ スケートカナダ 優勝
  • 2017年11月 ISU GPシリーズ フランス杯 2位
  • 2017年12月 ISU GPファイナル 2位
  • 2017年12月 全日本選手権 優勝
  • 2018年1月 四大陸選手権 2位
  • 2018年2月 平昌オリンピック 2位
  • 2018年3月 世界選手権 2位
2018 -19シーズン
  • 2018年10月 ISU GPシリーズ スケートカナダ 優勝
  • 2018年11月 ISU GPシリーズ NHK杯 優勝
  • 2018年12月 ISU GPファイナル 2位
  • 2018年12月 全日本選手権 優勝
  • 2019年2月 四大陸選手権 優勝
2019-20シーズン
  • 2019年12月 全日本選手権 優勝
2020-21シーズン
  • 2020年12月 全日本選手権 2位
2021-22シーズン
  • 2021年10月 ISU GPシリーズ スケートアメリカ 2位
  • 2021年11月 ISU GPシリーズ NHK杯 優勝
  • 2021年12月 全日本選手権 2位
  • 2022年2月 北京オリンピック 3位
  • 2022年3月 世界選手権 優勝
2022-23シーズン
  • 2022年10月 ISU GPシリーズ スケートカナダ 優勝
  • 2022年11月 ISU GPシリーズNHK杯 優勝
  • 2022年12月 ISU GPファイナル 優勝
  • 2022年12月 全日本選手権 優勝
  • 2023年3月 世界選手権 優勝
2023-24シーズン
  • 2023年11月 ISU GPシリーズ中国杯 2位
  • 2023年11月 ISU GPシリーズNHK杯 2位
  • 2023年12月 ISU GPファイナル 2位

交際中の本田真凛と宇野昌磨 結婚はいつ?

2022年1月1日に宇野昌磨選手と本田真凛選手の真剣交際が報じられ、それ以降、宇野選手は自身のインスタグラムに本田選手とのツーショット写真を投稿するなどオープンな交際を続けている2人。交際が報じられた時点で「交際期間3年」だったので、そろそろ交際5年になるのでしょうか。現在宇野選手は25歳、気になる宇野昌磨 結婚についてこちらではまとめました。

宇野昌磨 結婚のタイミング①本田真凛選手の大学卒業後

本田真凛選手は現在明治大学政治経済学部の4年生、来年の春には卒業となります。14歳で世界ジュニア選手権を制した本田選手は「浅田真央2世」と呼ばれるも、2020-21年シーズン以降は国際大会からは遠ざかっており、本田選手からも「大学生が終わるまでかなと思う」と引退を意識した発言が出ています。また、本田選手の兄・太一さんも大学卒業のタイミングで引退しており、本田選手も今シーズンを最後に引退する可能性は高いのではないでしょうか。現在、宇野選手はスイスを練習拠点としているため、本田選手が大学卒業の時点で引退した場合は結婚し、そして本田選手はスイスで宇野選手のサポートに徹することが考えられます。

宇野昌磨 結婚のタイミング②2026年ミラノ・コルティナ五輪終了後

現在25歳の宇野昌磨選手ですが、次の2026年ミラノ・コルティナ五輪の時は28歳。日本男子フィギュアスケート界を代表する羽生結弦さんや髙橋大輔さんは27歳で五輪出場を果たしているので、宇野選手も次のオリンピックを目指す可能性は高いです。アスリートにとって五輪は節目となるため、五輪終了後に結婚するアスリートは少なくありません。2021年東京五輪終了後には6名のアスリートが結婚したそうですよ。もし宇野昌磨選手が次のオリンピックを目指すなら、本田真凛と宇野昌磨 結婚は2026年以降になる可能性も考えられます。

まとめ

今回は、間もなく開幕する第92回全日本フィギュアスケート選手権大会で2連覇がかかる男子シングル・宇野昌磨選手の経歴や、宇野昌磨 結婚にまとめました。今回の全日本選手権には本田真凛選手も出場します。もし本田選手が今シーズンを最後に引退となった場合は、今大会が宇野選手、本田選手、2人が揃う最後の全日本選手権になるかもしれませんね。宇野選手は世界選手権3連覇もかかっていますので、全日本選手権で優勝し、世界選手権への切符を掴んでほしいです。宇野昌磨選手の健闘を祈ります!