高校新聞部が大会を取材し新聞を作成しました

「未来をつくる子どもたちに夢と希望を贈る大会となす」とする大会コンセプトの1つを具現化する事業の一環として、埼玉県内の高校新聞部が記者と同じ立場で取材を体験し、作成した新聞を読売新聞社記者が講評する取り組みを行いました。

この度、この取り組みに参加した川越東高等学校新聞文芸部が作成した力作の3部作をご紹介いたします。

AKIRA FIRE No.153
▲AKIRA FIRE No.153
AKIRA FIRE No.154(表)
▲AKIRA FIRE No.154(表)
AKIRA FIRE No.154(裏)
▲AKIRA FIRE No.154(裏)
AKIRA FIRE No.155
▲AKIRA FIRE No.155

▲それぞれの画像をクリックすると、PDFファイルをご覧いただけます。

川越東高等学校新聞文芸部
▲川越東高等学校新聞文芸部の皆さん

さいたま国際マラソン 大会事務局

受付時間:平日 10時~18時