General Division

ホーム > 大会情報 > 一般フルマラソンの部

大会名 第2回さいたま国際マラソン(英文名:2nd Saitama International Marathon)
兼 第16回 世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)代表選手選考競技会
主催 日本陸上競技連盟、埼玉県、さいたま市、読売新聞社、日本テレビ放送網
後援 スポーツ庁、埼玉県教育委員会、さいたま市教育委員会、越谷市、越谷市教育委員会、埼玉県体育協会、さいたま市体育協会、越谷市体育協会、報知新聞社、テレビ埼玉、文化放送、FM NACK5、東日本旅客鉄道大宮支社、東武鉄道、埼玉新都市交通、埼玉高速鉄道
主管 埼玉陸上競技協会
特別協賛 りそなグループ(りそな銀行 埼玉りそな銀行 近畿大阪銀行)
協賛 セコム、本田技研工業、セイコーホールディングス、プーマ ジャパン株式会社、ダスキンレントオール、コカ・コーライーストジャパン株式会社、株式会社リフレ
協力 近畿日本ツーリスト、フォトクリエイト
期日 2016年11月13日(日)
部門及びスタート時刻 一般フルマラソンの部(男女) 9時40分スタート
テレビ放送 日本テレビ系全国ネット 「代表チャレンジャーの部」生中継
CS放送日テレG+ 「代表チャレンジャーの部/一般フルマラソンの部」中継
テレビ埼玉 「一般フルマラソンの部」生中継
ラジオ放送 文化放送 生放送
FM NACK5 生放送
コース さいたま国際マラソンコース【さいたまスーパーアリーナ発着、日本陸上競技連盟、IAAF/AIMS公認コース】
マラソンの他に10km・15km・20km・ハーフマラソン・25km・30kmの記録が公認される。
ただし、完走した競技者が対象。
参加資格
  • 大会当日19歳以上の競技者で、6時間00分以内に完走できる男女
  • 2016年度日本陸上競技連盟登録者
  • 日本陸上競技連盟未登録者
競技規則 2016年度国際陸上競技連盟(IAAF)並びに日本陸上競技連盟規則及び本大会規定による。
また、本大会は、IAAFが認定するシルバーラベル大会のため、IAAF Road Race Label Regulations(IAAFロードラベリング規定)も適用される。
参加申込/参加料
定員 16,000人
募集開始 さいたま市民優先枠(3000人)=5月16日(月)~
埼玉県民優先枠(500人)=5月18日(水)~
一般募集=5月23日(月)~
※各日とも12時から募集開始。
参加料(税込) 15,000円

※先着順で、定員に達し次第締め切る。
※エントリーをする際は、事前にRUNNETへの会員登録(無料)が必要。
※エントリー手数料として、5.15%(税込)が別途掛かる。
※平成27年4月1日から平成28年3月31日の間に開催された「埼玉マラソングランドスラム」加盟大会のうち、ハーフマラソンの優勝者(年代、陸連登録の有無等の種別がある場合は、種別に関わらず大会を通しての最速者)を男女各1名招待する。
※「第1回さいたま国際マラソン」の、一般(サブ4)の部に参加したさいたま市内在住者(大会当時)のうち、男女各上位5名を招待する。
※さいたま市ふるさと応援寄附(5万円以上)を行った者は、一般フルマラソンの部に参加料無料で参加することができる(対象者はさいたま市外在住者に限り50人、先着順)。
申込方法などは、後日大会公式ホームページ又はさいたま市WEBサイトなどで公開する。

競技方法 (1)交通、警備、競技運営上、関門を設ける。なお、関門以外においても著しく遅れた場合は競技を中止させる。
(2)関門閉鎖時刻を過ぎた競技者及びレースの中止を命ぜられた競技者は、ナンバーカードを取り外し、指示された収容車に乗車すること。
表彰 総合成績で男女各1位から8位まで
ランナー受付

ナンバーカード等の配付を下記のとおり行う。

日程 2016年11月11日(金)、12日(土)の2日間
場所 さいたまスーパーアリーナ
時間 11日(金)13:00~21:00
12日(土) 9:00~18:00
1)大会当日(11月13日)の受付は行わない。
2)上記時間帯以外の受付は行わない。
3)受付時に身分証明書により本人確認を行うことがある。(代理受付不可)
ドーピング検査について
(1)ドーピングコントロール
国際陸上競技連盟アンチ・ドーピング規則および規定、もしくは日本アンチ・ドーピング規程に基づいて行われる。尚、本大会の前もしくは後のドーピング検査では、尿又は血液 (或いは両方) の採取が行われる。該当者は指示に従って検査を受けること。日本陸上競技連盟に登録していない競技者も同様に従うこと。競技会時、ドーピング検査の対象となった場合、顔写真付きの身分証明書が必要となる。顔写真のついた学生証、社員証、運転免許証、顔写真が鮮明なパスポートコピーなどを持参すること。
(2)TUE申請
禁止表国際基準で定められる禁止物質・禁止方法を病気の治療目的で使わざるを得ない競技者は“治療使用特例(TUE)”の申請を行わなければならない。詳細については、日本陸上競技連盟医事委員会のホームページ(http://www.jaaf.or.jp/medical/tue-form2015.html)、又は日本アンチ・ドーピング機構ホームページ(http://www.playtruejapan.org/)を確認すること。
(3)未成年競技者親権者からのドーピング検査に対する同意書の取得
2015年1月1日より、世界アンチ・ドーピング規程、国際基準、及び日本アンチ・ドーピング規程が改定され、未成年(20歳未満)競技者が競技会に参加する際、親権者からドーピング検査に関する同意書を取得する事が必要となる。
①本大会に参加する未成年者は、添付の同意書を熟読し、署名、捺印の上、同意書の原本を大会に持参し、携帯すること。同意書はhttp://www.jaaf.or.jp/pdf/doisho.pdfからダウンロード出来る。
②未成年競技者はドーピング検査に指名された時に、原本をドーピング検査室にてNFR(大会医事代表)に提出すること。提出は未成年時に1回のみで、同意書の提出後に再びドーピング検査に指名された場合は、すでに原本を提出済みである事をNFRに申し出ること。会場において、原本の提出がなくとも、検査は行われるが、検査後7日以内に日本陸連事務局に原本を提出すること。

個人情報の取り扱いについて

  • (1)主催者等は個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法律及び関連法令等を遵守し、主催者の個人情報保護方針に基づき、個人情報を取り扱う。
    なお、取得した個人情報は、大会の資格審査、プログラム編成及び作成、記録発表、公式ホームページその他競技運営及び陸上競技に必要な連絡等に利用する。
  • (2)本大会はテレビ放送及びインターネットで動画配信を行うことがある。
  • (3)大会の映像・写真・記事・個人記録等は、主催者、共催者及び主催者、共催者が承認した第三者が大会運営及び宣伝等の目的で、大会プログラム・ポスター等の宣伝材料、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・インターネット等の媒体に掲載することがある。

その他

  • (1)主催者の責によらない事由で大会を中止した場合、参加料の返金は一切行わない。
  • (2)主催者による健康検査は行わない。各自の責任において最良の健康状態で参加すること。
  • (3)競技中に発生した事故についての応急処置は主催者で行うが、以後の責任は負わない。
さいたま国際マラソン 大会事務局
048-832-2561(平日 10時~18時)